新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

かんぽ生命、大阪大学とESG投資の推進に向けた連携・協力に関する覚書を締結

かんぽ生命と国立大学法人大阪大学(以下「大阪大学」)は、共創による未来社会の創造とアカデミアを核とした資金循環の促進に向けた連携・協力を行うため、2023年1月31日に覚書を締結した。
かんぽ生命は、ESG投資方針のもと、全運用資産に対しESGを考慮し、持続可能な社会の実現と長期的な投資成果の向上を目指して、ESG投資に取り組んでいる。「Well-being向上」「地域と社会の発展」「環境保護への貢献」を重点取り組みテーマとし、かんぽ生命らしい“あたたかさ”の感じられる投資を通じて、広くSDGsの目標達成や社会課題の解決に貢献していくことを目指している。
大阪大学は、第4期中期目標・計画期間(2022~2027年度)に入るに際し策定した「OUマスタープラン」のもと、カーボンニュートラルやSDGsの達成などによる持続可能な社会の実現に資する事業に資金を充当することで地球規模の課題を解決し、社会との共創により「生きがいを育む社会」を目指している。
今回の覚書締結は、かんぽ生命と大阪大学が、上記のような、互いに描く未来社会のビジョンに共感したことによるものである。今後、両者は、インパクト投資領域を中心に、アカデミアの研究成果を活用したベンチャー企業対象の資金供給に関する検討など、相互に連携・協力し、共に社会課題解決とイノベーション創出による未来社会の創造に努めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

メットライフ生命、日本MIT会の記念イベントに協賛

生保

かんぽ生命、札幌支店元社員による保険料詐取が判明

生保

かんぽ生命、執行役に対する報酬制度改定

損保

三井住友海上、Frontier Innovationsが組成する宇宙ファンドに出資

生保

第一生命ホールディングス、丸紅による不動産事業分野における戦略的提携に関する覚書を締結

生保

かんぽ生命、インパクト投資ファンド「インパクト・キャピタル1号投資事業有限責任組合」に出資

生保

かんぽ生命、2024年3月末ヨーロピアン・エンベディッド・バリューを開示

生保

日本郵政グループ、各社のサービスを1つのIDで~「ゆうID」で新たなお客さま体験を~

生保

かんぽ生命、車いすテニスの大谷桃子選手が全仏オープンに出場

生保

住友生命、東京大学などと共同で新たな一般社団法人「WE AT」を設立

関連商品