新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

PGF生命、保険商品の第三者評価を取得

PGF生命は、2月1日(水)より商品改定を行った「米国ドル建積立利率更改型一時払終身保険(保障選択型)」について、投資信託、保険商品の専門評価機関である株式会社投信・保険ビジネス総合研究所による第三者評価を取得した。
本商品は、リレープラン(連生保障型:被保険者2名)とシンプルプラン(基本型:被保険者1名)から保障を選択できる。今回の商品改定では新たに「積立金の引出機能に関する特則」を追加し、一時払保険料から増えた分を「特則積立金」として受け取ることが可能となった。受取通貨は円と米ドルから選択できるほか、特則積立金は受け取り方を引出と積立から選択可能で、お客さまの都合に応じて受け取れる。
今般、本商品の「商品性」および「お客さまニーズへの適合性」の観点から分析・評価が行われ、以下の総合評価を得た。
・本商品は、金融機関代理店チャネルで唯一の連生保障型の米ドル建一時払終身保険である。単生保険にはない独自の商品性によって、二次相続までを見据えた最適な死亡保険金配分の実現や、第一被保険者先死亡時におけるスムーズな契約者変更により円滑な相続に寄与することから、これまでの生命保険を用いた相続・資産承継対策では充足し得なかった顧客の潜在的なニーズに対応している。
・今般の商品改定では、契約者が生存中に利殖部分を自在に使うことができる「積立金の引出機能に関する特則」が加わり、ミドル・シニア層ニーズへの対応において汎用性を一段と高めている。
・昨今改めて、相続の在り方や関連税制などが見直される中、銀行をはじめとする金融機関にも顧客の相続・資産承継の悩みや課題に対して多様なソリューションの提供がこれまで以上に求められており、本商品は保険コンサルティングの品質向上に資する点で、高く評価できる。
PGF生命は、今後も、お客さまのニーズに応え、より利便性の高い商品を提供できるよう取り組んでいく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

T&Dフィナンシャル生命、スルガ銀行で『やさしい円ねんきん』の販売を開始

損保

三井ダイレクト損保、「強くてやさしいクルマの保険」「強くてやさしいバイクの保険」を改定

生保

東京海上日動あんしん生命、新商品「特定疾病・障害・介護保障定期保険『あんしんプレミアム定期』」を発売

生保

メディケア生命、限定告知型医療終身保険(無解約返戻金型)(24)「新メディフィットRe」を発売

生保

PGF生命、常陽銀行で「円ぴた終身US」を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、三菱UFJ銀行を通じ、『夢つながるねんきん2』を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、『夢ふくらむ終身』、『夢ふくらむ終身介護plus』を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、『指定通貨建終身保険』、『指定通貨建特別終身保険』を改定し、販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、野村證券を通じ、『ニッセイ・ウェルスえらべる介護終身保険〈円建/外貨建〉告知コース・無告知コース』を改定し、販売開始

損保

東京海上日動、Finatextバックオフィス業務のシステムにおいてスタートアップ・中小企業向け組込型保険の提供を開始

関連商品