新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

第一フロンティア生命、『プレミアロードM』を販売開始

第一フロンティア生命は2月1日より、積立利率変動型個人年金保険(21)(通貨指定型)『プレミアロードM』をみずほ銀行、みずほ信託銀行にて販売開始する。
当商品は、一時払保険料以上を指定通貨建で確保する「基本移行原資額」部分と、市場環境が好調な場合にはそれに応じた運用成果の上乗せが期待できる「指数連動移行原資額」部分で構成する、指数連動型年金保険である。積立利率保証期間中の死亡給付金額や解約返還金額を一時払保険料の100%に抑えることで、満了後の年金原資額を手厚くするしくみがある。
◆『プレミアロードM』の主な特徴
<通貨と期間がえらべる>
・指定通貨
米ドル・円
・積立利率保証期間
10年・5年
<年金原資額は指定通貨建でさらにふえる期待がもてる>
・積立利率保証期間の満了日の参照指数が基準日より上昇した場合、指数連動移行原資額の上乗せがある。
・積立利率保証期間の満了日の参照指数が基準日より上昇しなかった場合、指数連動移行原資額の上乗せはない。
・上乗せ額
指数連動移行原資額=一時払保険料(基本保険金額)×参照指数の上昇率×連動率
<年金原資額は指定通貨建で一時払保険料以上になるため、大切な資産をまもることができる>
・基本移行原資額と指数連動移行原資額の合計が年金原資額となる。
・基本移行原資額は、契約時に確定し、一時払保険料(指定通貨建)以上となる。
※米ドル建の場合、円建での保証はない。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ライフネット生命 自治体のパートナーシップ証明書の提出でも同性のパートナーを死亡保険金の受取人に指定が可能に

損保

あいおいニッセイ同和損保、訪問看護事業者向けに自転車事故時の示談交渉費用を補償

生保

第一生命、ペアローン利用者の連生団体信用生命保険の取扱開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、三井住友銀行・SMBC日興証券を通じ、『賢者の終身保険』を販売開始

生保

PGF生命、みずほ銀行で「きずなの終身」を販売開始

生保

PGF生命、北洋銀行で「そだてる年金US」を販売開始

生保

メットライフ生命、変額保険「ライフインベストアドバンス」を発売

損保

共栄火災、Finatext、スマートフォンから加入できる「小・中学生総合補償制度」を福島県PTA連合会に提供開始

損保

三井ダイレクト損保、WAON POINTがもらえる「イオンのほけん相談 自動車保険」「イオンのほけん相談 バイク保険」の提供開始

共済損保

こくみん共済coop〈全労済〉、4月に「住まいる共済」改定

関連商品