新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

エヌエヌ生命、「トップ・エンプロイヤー・ジャパン2023(Top Employer Japan 2023)」に認定

エヌエヌ生命は、トップ・エンプロイヤー・インスティチュートより、4年連続4度目となる「トップ・エンプロイヤー・ジャパン2023(Top Employer Japan 2023)」の認定を受けた。
エヌエヌ生命は2021年4月に全従業員を対象とした役割等級制度(ジョブ型雇用制度)への移行を完了している。またパンデミック後の「新しい働き方(New Way of Working)」の策定や、「ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)クラブ」の立ち上げによる包括的で多様性を重視した職場作りを促進している。2022年は人事データの分析や、データのタイムリーなビジネスへの共有、またプロセスの自動化を重点的に進め、業務の効率化を図った。これにより従業員がそれぞれの”大切なもの”を守ることができる人事制度を整備し、より、しなやかな働き方を実現できたことなどが高く評価されたものである。
■評価のポイント
人事ミッション「人材を引き付け、育成し、定着させ、全従業員が最高のパフォーマンスを発揮できる環境を構築する」に基づく人事施策の実行と、従業員が主体的にキャリアデザインできる環境の提供。
1.ジョブの大きさに紐付けた外部ベンチマークを用いた競争力のある給与レンジ
2.時間や場所にとらわれず、仕事内容に合わせて最適なワークスペースを自由に選べる働き方であるABW(アクティビティ・ベースド・ワーキング)の導入およびその運用のためのオフィス設計
3.将来必要なスキル分析に基づく社員育成プログラムの企画・運営、部門横断研修プログラム「キャンパスイベント」、リーダー育成プログラムや全管理職向け研修の提供
4.ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)を促進する職場
5.(海外含む)社内ジョブポスティング制度
6.デジタル技術を活用した従業員の情報管理体制やプロセスの自動化促進
「トップ・エンプロイヤー」は、トップ・エンプロイヤー・インスティチュートが毎年実施する国際的な調査で、20の領域における人事施策について優れた雇用環境を提供する企業を認定するものである。これまで123ヵ国1,800社以上が同認定を受けている。
エヌエヌ生命は、「従業員から選ばれる企業」という視点に立ち、会社としての柔軟性と適応性を持ちながら、安心して働くことができる環境をより一層推進することで、今後も全社員が最高のパフォーマンスを発揮できるようにサポートしていく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

エヌエヌ生命、「経営者の妻」の思いを詠んだ川柳コンテスト「夫が社長妻のつぶやき川柳」受賞作品を発表

生保

エヌエヌ生命、家業経営者の父親とその子どもに関する調査品を発表

損保

アニコム損保、2024年ファイナンシャルプランナーが評価したペット保険ランキング「保険金・給付金」で1位を獲得

損保

MS&ADホールディングス、MS&ADベンチャーズのマネージングパートナーが「世界の優れたシード投資家(Seed100)」に選出

生保

マニュライフ生命、「HDI格付けベンチマーク」で8年連続の最高評価コールセンターの応対品質で三つ星を獲得

生保

SOMPOひまわり生命、日経クロスウーマン2024年版「共働き子育てしやすい企業ランキング」にて第2位を獲得

生保

SBI生命、コのほけん!「Insurance of the Year2024」就業不能保険部門にて「働く人のたより」が第1位を獲得

生保

ネオファースト生命、日経トレンディ「保険大賞2024」で優秀賞を受賞とユニーク賞を受賞

生保

ライフネット生命、価格.com保険アワード2024年版で定期死亡保険「かぞくへの保険」が8年連続第1位を受賞

生保

明治安田生命、世界初の「スポーツボンド」がディール・オブ・ザ・イヤーを受賞

関連商品