新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

大同生命、マイナンバーカード情報を活用した手続案内サービスを開始

大同生命は、2023年3月から順次、マイナンバーカードの情報を活用し、保険金請求等の手続きにおける同社からの案内サービスを開始する。
今回開始するサービスは、「死亡保険金の請求案内」、「住所変更・改姓時の手続き案内」、「終身年金支払の確認書類省略※1」の3つで、事前に登録・同意いただいたお客さまのマイナンバーカードの変更情報等※2をもとに、同社から必要な手続き等を案内する。
これにより、保険金等を確実かつ迅速に受け取れるとともに、手続き時の書類提出などの負担も軽減し、安心して契約を継続できる。
◆取組み内容
・死亡保険金の請求案内
マイナンバーカードの「失効情報」を活用し、受取人(遺族)へ保険金請求の案内を実施。
・住所変更・改姓の手続き案内
マイナンバーカードの「登録情報」を活用し、住所変更や改姓の手続きが必要なお客さまへ手続きを案内。
・終身年金支払の確認書類省略
マイナンバーカードの「有効情報」を活用し、毎年の年金支払時の生存確認書類(住民票等)の提出を省略し支払い。
※1 「終身年金」は、年金支払開始時点から被保険者が生存している限り、生涯にわたって年金が支払われるタイプの個人年金である。
※2 本件の実施にあたっては、野村総合研究所が提供する「e-NINSHOサービス」を利用する予定である。
「e-NINSHOサービス」は、マイナンバーカードに格納された電子証明書を活用して、オンライン上で本人確認やマイナンバーの収集などを行うものである。なお、本サービスは、総務大臣より認定された企業のみが提供可能であり、野村総合研究所は2017年2月に総務大臣認定を取得している。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大同生命、野村総研とヘルスケアデータ活用に向けた実証実験を実施~継続的な睡眠データのモニタリングにより参加者の6割以上が、睡眠に対する意識の高まりを実感

生保

大同生命、女優・波瑠(はる)さん出演の新CM『経営者オフサイトミーティング』シリーズ「経営支援篇」&「経営者保障篇」5月31日(金)放映開始

生保

大同生命、「新規顧客・販路の開拓/日銀のマイナス金利政策解除」について調査を実施

生保

T&Dホールディングス、2024年3月末市場整合的エンベディッド・バリューの開示

生保

大同生命、2023年度版「健康スコアリングレポート」にてすべての指標の総合評価で2年連続最上位ランクを獲得

生保

大同生命、「中小企業の賃上げ状況/中小企業のDX推進/国際女性デー」について調査を実施

生保

大同生命、横浜市中区本町に「大同生命横浜ビル」が竣工

生保

太陽生命、生命保険業界初、マイナンバーカードの公的個人認証サービスを活用した新契約手続き(ネット申込)を開始

生保

大同生命、関西大学イノベーション創生センターで開催の「ビジネスアイデアコンテスト」に特別協賛

生保

大同生命、『大同生命SV.LEAGUE』が誕生

関連商品