新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

明治安田生命、JALが、各地の公民館にて、客室乗務員による「こども航空教室」・「マナー講座」を開催

明治安田生命と日本航空株式会社(以下「JAL」)は、このたび、地域社会の課題解決や活性化等に向けた取り組みを共同で推進することとし、2023年1月より活動を開始する。
地方では、人口減少・少子高齢化等を主な要因として地域経済が縮小するなど、さまざまな社会課題が顕在化している。
このような中、「ひとに健康を、まちに元気を。」を掲げる明治安田生命は、「地元の元気プロジェクト」を展開しており、地域に根差した各種取り組みによる「豊かな社会づくり」への貢献を通じて、地域社会が抱えるさまざまな課題・ニーズに応えていくことを目指している。
また、JALは、「地域を元気に!笑顔をつなぐ!」をスローガンに掲げ、全社員が一丸となって地域が抱える多様な地域ニーズに対応し、さまざまな課題解決に取り組む「JALふるさとプロジェクト」を推進している。
このたび、「地域社会の活性化」の推進に貢献するという想いを持つ両社が、共同で取り組みを展開することに至った。具体的には、2021年4月から明治安田生命が「地域コミュニティの持続的な発展」をテーマとして、企業等との幅広い協業のもと全国の公民館にて展開している「地元の『公民館』元気プロジェクト」において、JALの客室乗務員により結成された「JALふるさと応援隊」を講師とする「こども航空教室」と「マナー講座」の2講座を新たに開設する。
「こども航空教室」は、地域での職業教育の一環として開設し、地域の子供たちの知的好奇心や興味関心に応えるとともに、航空業界を含めて将来の仕事について考えるきっかけとなることを目指す。また、「マナー講座」は、次世代人財の育成やビジネススキル向上の一環として開設し、客室乗務員の実務経験に基づく「おもてなしの心の実践」に触れることで、地域の皆さまが世界に通じるマナーの初歩を身に着けられるように手伝っていく。
両社は本取り組みを端緒として、多様化する地域のニーズなどに応える共同活動を継続的に推進し、これまで以上に持続可能な地域社会の実現に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

メットライフ生命、日本MIT会の記念イベントに協賛

生保

明治安田生命、公益社団法人消費者関連専門家会議(ACAP)の理事長、一般社団法人日本ヒーブ協議会の代表理事に同社職員が就任

損保

三井住友海上、Frontier Innovationsが組成する宇宙ファンドに出資

生保

明治安田生命、「愛と平和のチャリティーコンサート2024」および三枝成彰氏による音楽授業「未来を奏でる教室」を開催

生保

明治安田生命、“明治安田ふるさと関西を考えるキャンペーン49年目”冊子「関西元気百景」を発行

生保

明治安田生命、山口県内の小中学生の体力向上に資するプロジェクトをスタート

生保

明治安田生命、2024年度「地元アスリート応援プログラム」40都道府県88名の若手アスリートへ支援を開始

生保

第一生命ホールディングス、丸紅による不動産事業分野における戦略的提携に関する覚書を締結

生保

明治安田生命、「2023 マイハピネス フォトコンテスト」入賞作品決定

生保

住友生命、東京大学などと共同で新たな一般社団法人「WE AT」を設立

関連商品