新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

日本生命、「2022年の振り返りと新年への期待」のアンケート調査を実施

日本生命のサンクスマイルメニューの一つとして、ホームページ内の「ご契約者さま専用サービス」にて、「2022年の振り返りと新年への期待」に関するアンケート調査を実施した。
≪アンケート概要≫
■実施期間:2022年12月1日(木)~12月11日(日)
■実施方法:インターネットアンケート(「ずっともっとサービス」のサンクスマイルメニュー)
■回答者数:8,611名(男性:4,445名、女性:4,070名、性別回答なし:96名)
《アンケート結果のポイント》
ポイント①
【2022年の振り返り】
○「今年は良い年だった」と回答した方は、全体で39.4%であった。
○「2022年に点数をつけるとしたら何点か」という質問に対する、回答の平均点数は68.0点となり、昨年より全年代で高い数値となった。
ポイント②
【新年への期待・新型コロナウイルス感染症について】
○「来年は良い年になりそうか」という質問に、50代以下では年代が若いほど、「はい」と回答した割合が高かった。
○来年の抱負については、全年代で「健康に過ごすこと」と回答した方の割合が最も高かった。
○新型コロナウイルス感染症に打ち克つ時期を「2年以内」と回答した方は昨年と比較し5.4ポイント減少した。
○打ち克つ理由を昨年と比較すると「ウィズコロナに適応できるから」「各種規制が緩和するから」と回答した方の割合が2倍以上であった。
ポイント③
【冬のボーナス・年末年始休暇について】
○冬のボーナスの平均額は69万円で、昨年と比べ「減った」と回答した方が「増えた」と回答した方より多かった。
○年末年始休暇の予定は「自宅・自宅周辺で過ごす」と回答した方が68.8%となり最も多く、次いで「帰省」となった。
○年末年始休暇の平均予算は4.9万円となり、昨年と比較し約0.2万円増加した。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

マニュライフ生命「アジア・ケア・サーベイ2024」を発表~日本の生活者、将来のファイナンシャル・ウェルビーイング実現への期待度がアジアで最下位、退職後に向けた積極的な準備が必要

生保

エヌエヌ生命、家業経営者の父親とその子どもに関する調査品を発表

生保

日本生命、「日本生命トランジション・ファイナンス実践要領」を策定

生保

日本生命、「父の日」に関するアンケート調査を実施

生保

日本生命、「ニッセイ名作シリーズ 2024」公演開始

生保

日本生命、確定拠出年金受託加入者等数100万名突破

生保

日本生命、株式会社ニチイホールディングスの株式取得完了

生保

「営業職員チャネルのコンプライアンス・リスク管理態勢の更なる高度化にかかる着眼点」を踏まえた同社取組状況を発表

生保

アクサ生命、世界16の国と地域で実施、アクサのマインドヘルス調査「心の健康」日本は最下位

生保

日本生命、「ニッセイ・アルムナイネットワーク」が発足

関連商品