新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

第一生命ホールディングス、「Dow Jones Sustainability Asia Pacific Index」の構成銘柄に選定

第一生命ホールディングスは、世界の代表的なESG株価指数である「Dow Jones Sustainability Indices(以下 DJSI)」の、アジア・太平洋地域の企業で構成される「Dow Jones Sustainability Asia Pacific Index」の構成銘柄に初めて選定された。
DJSIは S&P Dow Jones Indices社が提供するESG株価指数で、2022年は約3,500社が評価対象となり、環境・社会・ガバナンスの3つの側面から企業を評価し、サステナビリティに関する取組みが優れた企業が構成銘柄として選定される。「Dow Jones Sustainability Asia Pacific Index」は、DJSIの中でもアジア・太平洋地域の大手企業約600社を対象とした指数で、うち156社がIndexに採用、そのうち日本企業は74社となっている。同社が分類される保険(Insurance)セクターでは、日本から同社を含め3社が選定されている。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

第一生命ホールディングス、丸紅による不動産事業分野における戦略的提携に関する覚書を締結

生保

第一生命ホールディングス、自己株式の取得状況を公表

生保

第一生命ホールディングス、株式会社ベネフィット・ワンの完全子会社化

生保

第一生命ホールディングス、剰余金の配当を実施

生保

第一生命ホールディングス、自己株式を取得

生保

第一生命ホールディングス、米国子会社プロテクティブ社によるShelterPoint社を買収

生保

第一生命ホールディングス、第一生命と第一フロンティア生命における責任投資の中期取組方針(2030年3月迄)を策定

生保

第一生命ホールディングス、新中期経営計画策定およびグループ企業理念改定

生保

第一生命ホールディングス、自己株式の取得状況および取得終了

生保

第一生命ホールディングス、2023年度「なでしこ銘柄」に選定

関連商品