新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

明治安田生命、「2022年度(第40回)IT賞」において「IT賞(マネジメント領域)」を受賞

明治安田生命は、企業情報化協会(以下IT協会)が主催する「2022年度(第40回)IT賞」において、「IT賞(マネジメント領域)」を受賞した。
当受賞は、最先端の日本語解析技術を活用したQA検索ツールの導入による、迅速なお客さま対応と業務効率化の実現の取組みが評価されたものである。
同社はこれからも、デジタル技術の積極的な活用を通じて、人とデジタルが融合した「信頼を得て選ばれ続ける、人に一番やさしい生命保険会社」の実現に向け取り組んでいく。
◆「IT賞」の概要
「IT賞」は、産業界において、「ITを活用した経営革新」を行ない、優れた成果を上げたと認められる企業・団体に対し、IT協会から授与される表彰制度である。応募領域は7領域あり、マネジメント領域は、業務効率化などによるコスト削減をはじめとした業績貢献に資する取組みが対象となる。
◆同社の取組み・評価された内容
生命保険は保障期間が長期におよび、契約時点の約款に基づき事務処理を行なう必要がある特殊な商品性を持つため、お客さまから営業職員への照会には、社内での照会を経て回答するケースが多くあった。お客さまへ迅速に回答できる態勢の構築をめざし2020年度に導入した営業所事務員向けのQA検索ツール「AIナレッジ」では、複雑な医療・保険用語の曖昧検索などを実現したほか、2022年度に導入した営業職員向けのQA検索ツール「MYナレッジ」では、スマホからの音声入力など各種のUIの工夫により利便性を高めた。
加えて、QAの充実化に向けたQA作成担当者のモチベーション向上策を講じるなど、種々の手立てを積み重ねたことで、多くの従業員にこれらのツールを浸透させることに成功した。その結果2021年度は約10万時間の業務量削減につながったほか、2022年度には約35万時間の業務量削減を想定している。
このような取組みが、システム導入効果を最大限に実現するためのマネジメント努力であると評価され、受賞にいたった。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、公益社団法人消費者関連専門家会議(ACAP)の理事長、一般社団法人日本ヒーブ協議会の代表理事に同社職員が就任

生保

はなさく生命、LDK7月号「保険最新ランキング’24」において「はなさく収入保障」がベストバイを受賞

損保

イーデザイン損保、共創する自動車保険「&e(アンディー)」が第16回日本マーケティング大賞奨励賞を受賞

生保

明治安田生命、「愛と平和のチャリティーコンサート2024」および三枝成彰氏による音楽授業「未来を奏でる教室」を開催

生保

明治安田生命、“明治安田ふるさと関西を考えるキャンペーン49年目”冊子「関西元気百景」を発行

生保

明治安田生命、山口県内の小中学生の体力向上に資するプロジェクトをスタート

生保

明治安田生命、2024年度「地元アスリート応援プログラム」40都道府県88名の若手アスリートへ支援を開始

損保

アニコム損保、2024年ファイナンシャルプランナーが評価したペット保険ランキング「保険金・給付金」で1位を獲得

生保

明治安田生命、「2023 マイハピネス フォトコンテスト」入賞作品決定

損保

MS&ADホールディングス、MS&ADベンチャーズのマネージングパートナーが「世界の優れたシード投資家(Seed100)」に選出

関連商品