新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

プルデンシャル生命、創業35周年を迎え3つの慈善団体に350万円を寄付

プルデンシャル生命はこのほど創業35周年を迎え、これまで同社を支えてきた皆さまへの感謝の思いを込めて、同社の企業理念に含まれる「人間愛・家族愛」の体現につながる活動をされている3つの慈善団体に計350万円を寄付した。
1.概要
プルデンシャル生命では「顧客の一人ひとりが経済的な保障と心の平和を得ることができるように、最高のサービスを提供することを使命とする」というミッションを掲げている。社会貢献活動においても、社員一人ひとりがこの企業理念に沿い、「生命保険でサポートできる分野は生命保険で、そうでない分野はボランティアで」という意識を持ち、創業以来積極的にボランティア活動に取り組んできた。今年、35周年を迎えるにあたり、これまで同社を支えてた皆さまへの感謝の気持ちを表明したいとの理由から、チャリティ企画を実施した。これからも同社は、より良い社会の醸成のために尽力されている方々を応援していく。
2.寄付先
■特定非営利活動法人ブリッジフォースマイル(東京都港区、代表:林恵子)
https://www.b4s.jp/
児童養護施設や里親家庭などで生活する子どもたちが、18歳で社会に巣立つ際に直面する様々な課題を乗り越えるために、自立支援、奨学金支援、就労支援をはじめ、身近な理解者と繋がるための支援などを行っている。
■特定非営利活動法人全国こども食堂支援センター・むすびえ(東京都新宿区、理事長:湯浅誠)
https://musubie.org/
「こども食堂の支援を通じて、誰も取りこぼさない社会をつくる」ことをビジョンに掲げ、各地域のこども食堂ネットワークを支援し、支援企業・団体とこども食堂をつなぎ、理解を広げる調査・研究、啓発を行っている。
■空飛ぶ捜索医療団“ARROWS”(広島県神石高原町、プロジェクトリーダー:稲葉基高)
https://arrows.red/
大規模災害の被災地にいち早く駆けつけ、救助・救命活動を行う、医療を軸とした災害緊急支援プロジェクト。発災直後の救助・救命活動から物資配布や避難所運営、中・長期的な復興のサポートまで必要な支援を最適な形で届けている。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

富国生命、すまいる・こんさーと(岩手)開催

生保

ライフネット生命、環境保全に貢献する「みらいの森づくりプロジェクト」を実施

損保

アニコムホールディングス、『モロッコ大地震・リビア大洪水におけるどうぶつ救援募金』使途を報告

生保

朝日生命、東京湾UMIプロジェクト「アマモ場再生活動」を実施

生保

明治安田生命、「愛と平和のチャリティーコンサート2024」および三枝成彰氏による音楽授業「未来を奏でる教室」を開催

生保

ジブラルタ生命、ベルマーク運動への支援金額が1億円を達成~生命保険会社初

生保共済

日本生協連と石川県生協連、「令和6年能登半島地震」による被災県への支援金として300万円を石川県社会福祉協議会へ贈呈

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】中日信用金庫および埼玉縣信用金庫と2023年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

生保

明治安田生命、山口県内の小中学生の体力向上に資するプロジェクトをスタート

生保

プルデンシャル生命、元社員が詐欺容疑で逮捕

関連商品