新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

明治安田生命「いい夫婦の日」に関するアンケート調査を実施

明治安田生命は、11月22日の「いい夫婦の日」にちなんで、夫婦をテーマとしたアンケート調査を実施した。
1.現在の夫婦関係
(1)夫婦円満について
■夫婦仲はコロナ禍が貢献!「一緒にいる時間が増えた」「会話・食事の機会が増えた」ことで夫婦の円満度が上昇
・夫婦仲が円満であると回答した人は75.1%(前年度比+4.1pt)と、コロナ禍でも夫婦仲は引き続き円満
・この1年間で夫婦仲が良くなった理由は、「一緒にいる時間が増えたため」(68.5%)、「コミュニケーションや会話の機会が増えたため」(58.8%)、「一緒に食事をする頻度が増えたため」(44.2%)がトップ3と、コロナ禍で“おうち時間”が増えたことが奏功
■夫婦円満の秘訣は、「よく会話」して「感謝の気持ちを伝える」こと
・夫婦仲が円満であると回答した人に夫婦円満のために必要だと思うことを聞くと、「よく会話をする」(66.4%)、「感謝の気持ちを伝える」(54.6%)、「お互いの健康に気遣う」(45.6%)がトップ3
・また、「お互いの健康に気遣う」は、年代を追うごとに増加し、70代ではトップ(65.2%)。いつまでも元気でいてほしいというお互いの気持ちが表れる結果に
・夫婦仲が円満な人の会話時間(平日154分・休日285分)は、円満でない人(平日42分・休日76分)の約4倍。夫婦円満の秘訣は、よく会話をすること
・配偶者から言われたい一言は「ありがとう」がトップ(32.7%)で、世代別・男女別ともダントツ。夫婦円満には、どの世代でも感謝の気持ちが大切
(2)プレゼントについて
■プレゼント回数、プレゼント予算とも過去最高
・プレゼントをする平均回数は、コロナ禍以降3年連続で上昇し、2022年は過去最高の2.6回(昨年比+0.5pt)
・プレゼントするタイミングは、「誕生日」「バレンタイン(ホワイト)デー」「父(母)の日」の順と、特別な日を大切にしている結果
・また、夫婦間での1回あたりのプレゼント予算も16,545円(昨年比+2,022円)と過去最高
(3)理想の結婚相手について
■円満な夫婦は、生まれ変わっても同じ人と結婚したい
・生まれ変わっても結婚したいと回答した人は全体では73.1%で、夫婦円満な人(85.2%)と円満でない人(23.1%)では大きな差
・一方で、現在夫婦円満にもかかわらず、生まれ変わったら結婚自体したくない人も一定数存在(14.8%)。理由は、「独身の方が自由気ままだから」(48.9%)、「結婚という形にとらわれずにパートナーとして相手と生活したいから」(33.9%)が多数で、価値観が多様化している現状を反映

関連記事(保険業界ニュース)

生保

マニュライフ生命「アジア・ケア・サーベイ2024」を発表~日本の生活者、将来のファイナンシャル・ウェルビーイング実現への期待度がアジアで最下位、退職後に向けた積極的な準備が必要

生保

明治安田生命、「愛と平和のチャリティーコンサート2024」および三枝成彰氏による音楽授業「未来を奏でる教室」を開催

生保

明治安田生命、“明治安田ふるさと関西を考えるキャンペーン49年目”冊子「関西元気百景」を発行

生保

エヌエヌ生命、家業経営者の父親とその子どもに関する調査品を発表

生保

明治安田生命、山口県内の小中学生の体力向上に資するプロジェクトをスタート

生保

明治安田生命、2024年度「地元アスリート応援プログラム」40都道府県88名の若手アスリートへ支援を開始

生保

日本生命、「父の日」に関するアンケート調査を実施

生保

明治安田生命、「2023 マイハピネス フォトコンテスト」入賞作品決定

生保

アクサ生命、世界16の国と地域で実施、アクサのマインドヘルス調査「心の健康」日本は最下位

生保

大同生命、「新規顧客・販路の開拓/日銀のマイナス金利政策解除」について調査を実施

関連商品