新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

住友生命、ゴールドマン・サックス・グループが提供するインフラ・エクイティ・ファンドへ投資

住友生命は、ゴールドマン・サックス・グループ(以下「ゴールドマン・サックス」)が提供する「ジャパン・プライベート・ソーラー・ファンド1号投資事業有限責任組合」への投資(32億円)を決定した。
本ファンドは、ゴールドマン・サックスが運用する、日本国内の太陽光発電所を投資対象とするファンドであり、国内の再生可能エネルギー案件のみを投資対象とするインフラ・エクイティ・ファンド※として、住友生命初の案件となる。
※インフラ事業を運営する企業の株式等を通じてインフラ資産に投資を行うファンド。
同社は、資産運用を通じて環境・社会へのポジティブなインパクトの創出に取り組んでおり、中長期の安定的な運用収益確保に加え、脱炭素および持続可能な社会の実現への貢献を目指している。本ファンドの投資対象は日本国内の太陽光発電所のみであり、日本の脱炭素社会への移行を促進するとともに、2030年および2050年のGHG(温室効果ガス)排出量削減目標達成に寄与する投資であると考えている。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、日本トムソン向けスミセイ・サステナビリティ・リンク・ローンを実行

損保

日本地震再保険、SDGs債に投資

生保

住友生命、栃木県宇都宮市においてVitalityを活用した連携事業を開始

生保

住友生命、愛知県豊橋市においてVitalityを活用した連携事業を開始

生保

住友生命、“「Vitality」”新CMバナナマン出演「それだけ、じゃ篇」放映開始

生保

住友生命、一時払終身保険の保険料率を改定

生保

住友生命、不妊治療と仕事の両立を支援するWhodo整場(フウドセイバー)のオンラインセミナーを七十七銀行に提供

生保

住友生命、東京大学などと共同で新たな一般社団法人「WE AT」を設立

生保

太陽生命、「日本高速道路保有・債務返済機構」が発行する「ソーシャルボンド」への投資を実施

生保

明治安田生命、国際農業開発基金が発行する「サステナブル・ボンド」へ投資

関連商品