新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

メットライフ生命、神戸市外国語大学でグローバル人材育成講座を実施

メットライフ生命は、神戸市と締結している包括連携協定の協定項目の一つである人材育成の取り組みとして、神戸市外国語大学において、10月より全3回のグローバル人材育成講座を開講し、第1回目の講座を10月25日(火)に開催した。
今回の講座では、同社の経営企画の担当役員である前中康浩氏が講義を行った。神戸市外国語大学外国語学部の3・4年生(約30名)が講義に参加し、「グローバルにおける日本の生命保険ビジネスの特徴」「生命保険はどのような社会課題を解決できるのか」等について、日本や各国の生命保険業界のデータや、人口動向や寿命の推移、コロナ禍で変化した市場環境等を交えて話した。
神戸市外大は、ビジネス・外交・教育・研究など社会の様々な分野で国際的視野を持って活躍できる「行動する国際人」の育成を目指しており、2021年度に専門教育を深化させるためのコース制を再編成し、神戸グローバル教育センターを創設、2022年度に模擬国連世界大会を開催するなど、いくつもの取り組みを実施してきた。
11月・12月にも開催予定の本講座では、同社より各回テーマを専門に担当する役職員を講師として派遣し、講座を受講する学生に、地域の課題に取り組むためのグローバルな知見を提供することを目指している。また、2023年度以降も、同社と神戸市外大でグローバル人材の育成に協力して取り組んでいく予定である。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

メットライフ生命、51周年もブランド広告を大規模に展開

生保

メットライフ生命、「DEJIMA 博」「こどもでじまはく」に特別協賛

生保

メットライフ生命、地域住民交流と「縁結び」の場「メットライフ財団支援ホームホスピスマイレの家」オープン

生保

メットライフ生命、健康経営優良法人2024(大規模法人部門)の認定

生保

メットライフ生命、令和6年能登半島地震に対する支援金を寄付

生保

メットライフ生命、「もし100専門家サポート(商品付帯サービス)」に契約消滅後も継続利用できる新制度や2つの専門デスクを導入

生保

メットライフ生命、2023年度第3四半期報告を発表

生保

メットライフ生命、変額保険「ライフインベストアドバンス」を発売

生保

メットライフ生命、「メットライフ生命クラブオフ」の利用実績と連動した寄付活動を開始

生保

メットライフ生命、お客さま向けの宿泊・レジャー施設等優待サービスへのシングルサインオン認証を導入

関連商品