新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

フコクしんらい生命、「AIによる自動音声応答サービス」の開始

フコクしんらい生命は、PKSHA WorkplaceのAI自動音声対話エンジン「PKSHA Voicebot」を利用し、電話経由でのお客さまからの住所変更ならびに生命保険料控除証明書の再発行の申し出をAIによる「自動音声応答」で受け付けるサービス(以下、「AIによる自動音声応答サービス」)を開始する。
◆「AIによる自動音声応答サービス」による住所変更ならびに生命保険料控除証明書の再発行
「AIによる自動音声応答サービス」では、AIからの質問に口頭で回答することで、24時間365日、住所変更ならびに生命保険料控除証明書の再発行※の請求を行うことができる。これまでのオペレーターでの対応やウェブサイトによる申し出に加え、新たな申出方法を導入することにより、更なるお客さまの利便性の向上を図る。
本サービスの開始により、お客さま相談窓口の営業時間外において、ウェブサイトに加えて音声応答という複数の手段で申し出が可能となるとともに、お客さま相談窓口の混雑時においても、待つことなく音声応答による申し出が可能となる。
※ 生命保険料控除証明書の再発行は申出期間のみ受付(2022年10月17日~2023年3月末日。延長の可能性もあり)
◆新サービスのポイント
・オペレーターによる応対、ウェブサイトや書面、AIによる自動音声応答サービスを揃え、お客さまの状況に応じた請求方法を選ぶことができる。
・AIが質問する「契約者の名前」「生年月日」「証券番号」などを口頭で回答することで、住所変更や生命保険料控除証明書の再発行の手続きが完了する。
・混雑した時間帯の連絡でも24時間365日、待つことなく受付が可能となる。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

SBI生命、生成AIを活用した社内業務サービスをGPT-4oとClaude3Haikuへバージョンアップ

生保

明治安田生命、“明治安田ふるさと関西を考えるキャンペーン49年目”冊子「関西元気百景」を発行

損保

三井住友海上、労務相談サービス「MSコンパス×無料de顧問」を提供開始

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】中日信用金庫および埼玉縣信用金庫と2023年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

損保

アイペット損保、うちの子エポスカードが新登場

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】尾西信用金庫と2023年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】iDeCo(個人型確定拠出年金)の運営管理手数料を無料に

損保

SBI損保、【損保業界初】自動車保険の法人契約者へ睡眠障害リスク計測サービス「Sleep Doc」の無償提供を開始

損保

アニコム損保、オンライン保険金請求サービスの提供を開始

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】はくさん信用金庫と共同寄付スキームの取扱い開始

関連商品