新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

大樹生命、AIによる「自動音声応答サービス」および「対話型自動応答サービス」の導入

大樹生命は、10月18日から、お客さまの利便性向上を目的に、AI(人工知能)による「自動音声応答サービス」および「対話型自動応答サービス」を導入する。
従来のお客さまサービスセンターへの電話やWebサイトによる申出方法に加え、当サービスを通じたアクセス手段の提供ならびに応対時間の拡大により、お客さまの利便性向上を実現する。
1.AIによる「自動音声応答サービス」(通称:ボイスボット)
(1)概要
PKSHA Communicationが提供する「PKSHA Voicebot」を採用している。音声ガイダンスに沿って口頭で回答することで、AIがその内容を認識し、受付や照会を完了させるサービスである。電話の混雑などにより待つ必要がなく、スムーズに利用できる。
(2)対象内容
・解約請求書の郵送受付※
・保険料の振替口座変更請求書の郵送受付※
・営業部の電話番号照会
※申出内容に基づき、書類をお客さま宛に郵送
今後、対象内容を拡大していく予定。
(3)受付時間
7:00~23:45(全日※祝日・年末年始含む)
2.AIによる「対話型自動応答サービス」(通称:チャットボット)
(1)概要
PKSHA Communicationが提供する「PKSHA Chatbot」を採用している。お客さまからの問合せに対して、AIを活用し、会話形式で自動回答するサービスである。
(2)対象内容
お客さまからの商品・サービス、および手続き等に関する問合せ※
※同社ホームページに掲載のよくある質問を基に回答
(3)導入箇所
同社ホームページ
・トップページ・問合せページ・よくある質問ページ
(4)受付時間
24時間(全日※祝日・年末年始含む)

関連記事(保険業界ニュース)

生保

SBI生命、生成AIを活用した社内業務サービスをGPT-4oとClaude3Haikuへバージョンアップ

生保

明治安田生命、“明治安田ふるさと関西を考えるキャンペーン49年目”冊子「関西元気百景」を発行

損保

三井住友海上、労務相談サービス「MSコンパス×無料de顧問」を提供開始

損保

アイペット損保、うちの子エポスカードが新登場

生保

大樹生命、2024年度スポーツひのまるキッズ大会に協賛

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】iDeCo(個人型確定拠出年金)の運営管理手数料を無料に

損保

SBI損保、【損保業界初】自動車保険の法人契約者へ睡眠障害リスク計測サービス「Sleep Doc」の無償提供を開始

損保

アニコム損保、オンライン保険金請求サービスの提供を開始

損保

大同火災、インターネット事故受付(火災保険)をリリース

損保

三井住友海上、高校生向け「損保版金融リテラシー教育の出前授業」を提供開始

関連商品