新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

日本生命、セカンドライフに関するアンケート調査を実施

日本生命は、「ずっともっとサービス」のサンクスマイルメニューの一つとして、ニッセイホームページ内の「ご契約者さま専用サービス」にて、セカンドライフ※に関するアンケート調査を実施した。※「セカンドライフ」は「退職後の生活」という意味を表す。
≪アンケート概要≫
■実施期間:2022年8月1日(月)~8月14日(日)
■実施方法:インターネットアンケート(「ずっともっとサービス」のサンクスマイルメニュー)
■回答者数:10,956名(男性:5,546名、女性:5,263名、その他・未回答:147名)
ポイント1
【定年後のプランについて】
○全体の59.2%の人が「定年後も仕事を続けたい」と回答した。
○年代が高い人ほど、「同じ会社で仕事を続けたい」と回答した割合が高かった。
○「異業種の仕事をしたい」と回答した人は全体の13.6%であった。
〇全体の73.4%の人が「65歳以降も働きたい」と回答し、36.0%の人が「70歳以降も働きたい」と回答した。
ポイント2
【セカンドライフに対する不安について】
○全体の70.6%の人が「セカンドライフに不安がある」と回答した。また、定年に近い年代ほど「不安がある」と回答した人の割合が高かった。
○昨年度に引き続き、「自分の健康・病気」「家族の健康・病気」「生活費や医療費」など、健康面や金銭面に不安を感じている人が多かった。
ポイント3
【セカンドライフのお金について】
○55.0%の人が、定年後の収入に「満足していない」と回答した。
○全体で60.8%の人が、自身の退職金や年金(公的年金および企業年金等)の金額を把握していなかった。
○セカンドライフに貯めておきたい金額の平均は3,807万円で、昨年度より185万円増加した。
〇セカンドライフのための資金について、20代以下で83.0%、30代で86.2%が準備を始めていた。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

エヌエヌ生命、家業経営者の父親とその子どもに関する調査品を発表

生保

日本生命、「日本生命トランジション・ファイナンス実践要領」を策定

生保

日本生命、「父の日」に関するアンケート調査を実施

生保

日本生命、「ニッセイ名作シリーズ 2024」公演開始

生保

日本生命、確定拠出年金受託加入者等数100万名突破

生保

日本生命、株式会社ニチイホールディングスの株式取得完了

生保

「営業職員チャネルのコンプライアンス・リスク管理態勢の更なる高度化にかかる着眼点」を踏まえた同社取組状況を発表

生保

アクサ生命、世界16の国と地域で実施、アクサのマインドヘルス調査「心の健康」日本は最下位

生保

日本生命、「ニッセイ・アルムナイネットワーク」が発足

生保

大同生命、「新規顧客・販路の開拓/日銀のマイナス金利政策解除」について調査を実施

関連商品