新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

アクサ生命、中小企業の健康経営(R)を応援する『健康経営アクサ式 2022』キャンペーン開始

アクサ生命は、『健康経営アクサ式 2022』キャンペーンを9月12日(月)より開始する。今回のキャンペーンでは、健康経営がもたらす「効果」をテーマに、健康経営を導入した中小企業の実例を紹介する公式サイトや、従業員の「やりがい効果」を描くWEBムービーを展開する。また、中小企業の健康経営を応援したいとの想いから、日本の企業数の99.7%、雇用の約7割を占める中小企業のインパクトに着目し、健康経営が普及した先の明るい未来を推計する「中小企業990社から見える『日本の未来経済ポジティブ推計』」を公開した。
◆推計結果トピックス ~中小企業990社から見える『日本の未来経済ポジティブ推計』~
中小企業990社による健康経営の取組事例を収めた同社「Voice Report」の集計結果では、82%の中小企業が健康経営の効果を実感している。この傾向値に基づき、導入企業が実感した効果の累積が、今後の日本の様々な社会的課題の解決にどのようにつながるかという観点でその可能性を推計した。
1.すべての中小企業で、もし「育休」が普及したら?
日本の労働力人口がZ世代ジュニアを中心に62.8万人増加する可能性
【明治大学 市川宏雄 名誉教授による推計】
2.すべての中小企業で、もし「定年70歳」に延長されたら?
現役世代の増加で、日本のGDPが16.7兆円上昇する可能性
3.すべての中小企業で、もし「26分の昼寝」を導入したら?
生産性の向上により、日本のGDPが14.6兆円上がる可能性
4.すべての中小企業が、もし「健康経営(R)」を実践したら?
食生活や運動習慣の改善で、従業員2,125万人の健康リスクを改善できる可能性
5.すべての中小企業が、もし「健康経営(R)」を実践したら?
職場環境の改善などで、毎年、約35万人の離職を防げる可能性
6.すべての中小企業が、もし「健康経営(R)」を実践したら?
生産性や効率が高まり、約54万社が業績向上する可能性
7.すべての中小企業が、もし「禁煙」を支援したら?
1人あたりの喫煙時間が減り、全従業者の年収が1人7.3万円ずつ上がる可能性
8.すべての中小企業で、もし「残業削減」の取り組みが進んだら?
出会いの増加により結婚率が2.5%上昇し、最大20兆円の経済効果の可能性
9.すべての中小企業で、もし「自転車通勤」を取り入れたら?
がん発症リスクが 11%低下、CO2削減効果は1人あたり年間最大1.3トンの可能性

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、労務相談サービス「MSコンパス×無料de顧問」を提供開始

生保

アクサ生命、浜松市と健康経営の推進に関する連携協定を締結

損保

東京海上日動、Finatextバックオフィス業務のシステムにおいてスタートアップ・中小企業向け組込型保険の提供を開始

生保

アクサ生命、世界16の国と地域で実施、アクサのマインドヘルス調査「心の健康」日本は最下位

損保

アニコムグループ、『失われた1万年を取り戻す 保険・医療データが実現する「健康革命」』を策定

生保

アクサ生命、「お客さま本位の業務運営を実現するための基本方針」にかかる2023年の評価指標の結果および取組みを公表

生保

大同生命、「中小企業の賃上げ状況/中小企業のDX推進/国際女性デー」について調査を実施

生保

アクサ生命、長崎県と包括連携協定を締結

生保

アクサ生命とアクサダイレクト生命が金融庁から合併認可を取得

損保

損保ジャパン、【業界初】中小企業向け新商品~事業活動総合保険に新補償~

関連商品