新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

かんぽ生命、自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)による自己株式の買付けを実施

かんぽ生命は、会社法第459条第1項第1号の規定による同社定款第39条第1項の定めに基づく同法第156条第1項の規定により2022年8月10日付の同社取締役会において決議した自己株式(同社普通株式)の取得(以下「本自己株式取得」という。)に関し、その具体的な取得方法及び内容について決定した。
1.取得の方法
2022年8月10日の株価終値(最終特別気配値を含む。)2,068円で、2022年8月12日午前8時45分の株式会社東京証券取引所の自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)において、買付けの委託を行う(その他の取引制度や取引時間への変更は行わない。)。当該買付注文は、当該取引時間限りの注文とする。
2.取得の内容
(1)取得対象株式の種類:同社普通株式
(2)取得し得る株式の総数:16,924,500株(上限)
(発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合4.2%)
(3)株式の取得価額の総額:総額34,999,866,000円(上限)
(4)取得結果の公表:2022年8月12日午前8時45分の取引時間終了後に取得結果を公表する。
(注1)当該株式数の変更は行わない。なお、市場動向等により、一部又は全部の取得が行われない可能性もある。
(注2)取得予定株式数に対当する売付注文をもって買付けを行う。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、「日本生命トランジション・ファイナンス実践要領」を策定

損保

SOMPOホールディングス、100%子会社フレッシュハウス社の全株式を、アークホーム株式会社へ譲渡

生保

日本生命、株式会社ニチイホールディングスの株式取得完了

生保

第一生命ホールディングス、自己株式の取得状況を公表

生保

T&Dホールディングス、自己株式の取得状況を公表

損保

MS&ADホールディングス、自己株式の取得状況を公表

生保

T&Dホールディングス、「サステナビリティステートメント」更新、CO2株出量削減目標を見直し

生保

「営業職員チャネルのコンプライアンス・リスク管理態勢の更なる高度化にかかる着眼点」を踏まえた同社取組状況を発表

生保

かんぽ生命、インパクト投資ファンド「インパクト・キャピタル1号投資事業有限責任組合」に出資

生保

日本生命、「ニッセイ・アルムナイネットワーク」が発足

関連商品