新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

第一生命、ミレニアル世代向け「デジホ」の新商品を第一スマート少額短期保険より提供開始

第一生命は、同社100%子会社である第一スマート少額短期保険において、8月8日より「もしものときに家事を人に任せられるほけん」(正式名称:家事代行費用保険)の販売を開始する。
本商品は、「少しでも楽しく子育てができる世の中にしたい」という商品コンセプトのもと、手頃な保険料で、病気やケガによる入院等の際に利用した家事代行・シッターサービス(以下「家事代行サービス等」)の利用代金を所定の範囲内で補填する商品である。
◆商品の特長
①入院やケガによる通院のとき、家事代行・シッターサービス等の利用代金を、所定の範囲内で受け取れる。
※「妊娠・出産」等、補償対象とならない場合がある。
②産後うつ等、メンタル疾病と診断されたときも家事代行・シッターサービス等の利用代金が所定の範囲内で補償される。
③保険金を受け取り後も補償は継続する。
たとえば、入院により利用した家事代行費用を15,000円まで受け取った3か月後(同一保険期間内)にまた入院した場合でも、15,000円まで家事代行費用が補償される。
④加入から保険金請求までスマホで簡単に手続きできる。
⑤手頃な保険料(月額500円)で加入できる。
⑥毎年更新で、10年または50歳まで補償を継続できる。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

T&Dフィナンシャル生命、スルガ銀行で『やさしい円ねんきん』の販売を開始

損保

三井ダイレクト損保、「強くてやさしいクルマの保険」「強くてやさしいバイクの保険」を改定

生保

東京海上日動あんしん生命、新商品「特定疾病・障害・介護保障定期保険『あんしんプレミアム定期』」を発売

生保

メディケア生命、限定告知型医療終身保険(無解約返戻金型)(24)「新メディフィットRe」を発売

生保

第一生命、生成AIを活用したチャットサービス「ICHI-to-Chat」のビジネス実証を実施

生保

PGF生命、常陽銀行で「円ぴた終身US」を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、三菱UFJ銀行を通じ、『夢つながるねんきん2』を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、『夢ふくらむ終身』、『夢ふくらむ終身介護plus』を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、『指定通貨建終身保険』、『指定通貨建特別終身保険』を改定し、販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、野村證券を通じ、『ニッセイ・ウェルスえらべる介護終身保険〈円建/外貨建〉告知コース・無告知コース』を改定し、販売開始

関連商品