新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

ジブラルタ生命、教員の意識に関する調査2022を実施

ジブラルタ生命は、20歳~69歳の教員(小学校・中学校・高等学校・特別支援学校)2,000名(男性1,000名 女性1,000名)を対象に、「教員の意識に関する調査2022」をインターネットリサーチで実施し、集計結果を公開した。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)
◆調査結果
<教職について>
・教員になりたいと思った理由
1位「尊敬する教員・憧れる教員に出会ったから」
2位「教えることが好きだから」
3位「子どもが好きだから」
男性では「クラブ・部活の指導をしたいから」、女性では「子どもが好きだから」が高い傾向
・教員としてのやりがいを感じるとき「児童・生徒の成長が感じられたとき」がダントツ
2位「児童・生徒の笑顔をみたとき」
3位「児童・生徒と感動を分かち合えたとき」
女性では「児童・生徒の笑顔をみたとき」「自分の仕事が評価されたとき」「保護者からお礼・感謝されたとき」が高い傾向
・理想の教員像「授業がわかりやすい」がダントツ
2位「児童・生徒のやる気を引き出している」
3位「児童・生徒とのコミュニケーションが上手」
20代では「児童・生徒から慕われている」、60代では「幅広い知識を身につけている」が高い傾向
他詳細はURL参照:https://www.gib-life.co.jp/st/about/is_pdf/20220808.pdf

関連記事(保険業界ニュース)

生保

マニュライフ生命「アジア・ケア・サーベイ2024」を発表~日本の生活者、将来のファイナンシャル・ウェルビーイング実現への期待度がアジアで最下位、退職後に向けた積極的な準備が必要

生保

ジブラルタ生命、ベルマーク運動への支援金額が1億円を達成~生命保険会社初

生保

エヌエヌ生命、家業経営者の父親とその子どもに関する調査品を発表

生保

ジブラルタ生命、学校教職員向け2023年度アニュアルレポート「SEED」作成

生保

日本生命、「父の日」に関するアンケート調査を実施

生保

アクサ生命、世界16の国と地域で実施、アクサのマインドヘルス調査「心の健康」日本は最下位

生保

大同生命、「新規顧客・販路の開拓/日銀のマイナス金利政策解除」について調査を実施

生保

プルデンシャル生命、ジブラルタ生命、PGF生命、「第28回ボランティア・スピリット・アワード」応募受付開始

損保

アニコムグループ、『失われた1万年を取り戻す 保険・医療データが実現する「健康革命」』を策定

生保

PGF生命、2024年の還暦人(かんれきびと)に関する調査

関連商品