新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

かんぽ生命、「資産の把握状況に関する調査」を実施

かんぽ生命は、全国の20~70代男女1,329名を対象にした「資産の把握状況に関する調査」を実施した。その結果、資産の把握状況に関する自信がない人が全体の約7割いることが分かった。さらに、十分に内容を把握できているか自信がない”もやもや資産”が一世帯あたり1,000万円以上あり、国内総額は約600兆円にのぼると推定される。
<もやもや資産とは?>
あることは分かっているけど、内容を正確に把握できているか自信がない資産のことを指す。例えば、どの資産をどれくらい所持しているかはっきりと分からない、将来その資産を受け取るために必要な書類の保管場所がすぐに思い浮かばないといったさまざまな”もやもや”を抱えた資産である。
◆調査結果まとめ
①資産の把握状況に関する自信がない人が約7割
・30~50代女性は8割越え
・不安を感じる理由は、30代「時間がない」、60代「書類の管理が大変」
②内容を十分に把握できているか自信がない資産=”もやもや資産”の存在が明らかに。一世帯あたり1,000万円以上
・内容を十分に把握できているか自信がない資産1位:現金・預貯金、2位:生命保険、3位:投資
・”もやもや資産”の国内推定総額は600兆円!
③夏休みは親子で確認を!いざという時に備え、親の資産を把握している子は8.9%
・シニア世代の”もやもや資産”世帯平均は約1,750万円
・親と資産の話をしたことがない人が6割以上
④いざという時に備えて、保険契約の確認にはマイページへの登録・活用がおすすめ

関連記事(保険業界ニュース)

生保

かんぽ生命、札幌支店元社員による保険料詐取が判明

生保

マニュライフ生命「アジア・ケア・サーベイ2024」を発表~日本の生活者、将来のファイナンシャル・ウェルビーイング実現への期待度がアジアで最下位、退職後に向けた積極的な準備が必要

生保

かんぽ生命、執行役に対する報酬制度改定

生保

エヌエヌ生命、家業経営者の父親とその子どもに関する調査品を発表

生保

日本生命、「父の日」に関するアンケート調査を実施

生保

アクサ生命、世界16の国と地域で実施、アクサのマインドヘルス調査「心の健康」日本は最下位

生保

かんぽ生命、インパクト投資ファンド「インパクト・キャピタル1号投資事業有限責任組合」に出資

生保

かんぽ生命、2024年3月末ヨーロピアン・エンベディッド・バリューを開示

生保

日本郵政グループ、各社のサービスを1つのIDで~「ゆうID」で新たなお客さま体験を~

生保

かんぽ生命、車いすテニスの大谷桃子選手が全仏オープンに出場

関連商品