シンニチ保険WEB

第一生命、企業年金新商品「特別勘定 総合口戦略的資産配分型」を発売

第一生命は、企業年金の安定的かつ効率的な資産運用ニーズに応えるために、10月より企業年金の特別勘定新商品として「総合口戦略的資産配分型」※を発売する。
この商品は、各資産のリターンに着目しつつ、テクノロジーを活用した定量分析による戦略を組み合わせることで安定的な収益獲得と高い投資効率を目指すバランス型の運用商品である。アセットマネジメントOneと共同で開発を行い、目標リターン・リスク水準を企業年金運用でニーズが高いと思われる水準(中長期的に4%程度)とした。
具体的には、日々発展を続けるテクノロジーを活用することにより、運用者であるファンドマネージャーやエコノミストがこれまで広範なデータ分析に基づき定性的に行っていた投資判断のノウハウを定量化することを実現した。それに加えオルタナティブデータなども活用し、収益源泉の異なる複数の戦略を構築した。複数の戦略を組み合わせることで戦略分散を図り、安定的な収益獲得を目指す。
加えて、ファンド全体の急激なパフォーマンスの悪化を抑制するため、シグナルに基づいた危機局面の判定を日次で行い、危機局面と判定された際は機動的にリスクの抑制を図る。
新型コロナウイルス感染症や、欧米の急速な金融引き締め等の影響を受け、不確実性の高い金融市場の状態は継続しており、企業年金の資産運用においても相場の急変への機動的な対応が求められている。
このようなお客さまのニーズに、「テクノロジーを活用した複数戦略による安定的な収益確保」、「相場急落時の損失抑制」を特長とする新商品を提供することで、応える。
※ 総合口とは、国内外の有価証券を中心に、複数の資産に投資する口(バランスファンド)をいう。
◆商品概要
(1)プロダクト名
総合口戦略的資産配分型
(2)運用概要
複数戦略を組み合わせ、リスク対比でのリターン最大化を図ることで安定した収益の獲得を目指す。また、ダウンサイドリスク抑制戦略によりリスクコントロールを行う。
(3)目標リターン
中長期的に年率4%程度
(4)目標リスク
中長期的に年率4%程度
(5)投資対象資産
国内外の株式・債券先物、特定セクター・スタイルを対象とするETF
(6)ベンチマーク
設定なし

関連記事(保険業界ニュース)

生保

第一生命、内幸町一丁目街区南地区第一種市街地再開発事業の施行認可が決定

生保

PGF生命、十六銀行で「米国ドル建終身保険(保険料円払込型)」を販売開始

生保

第一生命、ミレニアル世代向け「デジホ」の新商品を第一スマート少額短期保険より提供開始

生保

第一生命、大阪大学大学院国際公共政策研究科と連携協定を締結

損保

東京海上日動、糖尿病治療支援保険を開発

生保

アフラック生命、「生きる」を創るがん保険WINGSを発売

生保

ソニー生命、「変額個人年金保険(無告知型)22(無配当)」および「一時払変額個人年金保険(無告知型)22(無配当)」を発売

損保

損保ジャパン、「PayPayほけん」ミニアプリ「コロナお見舞い金」販売停止

損保

東京海上日動、中小企業向けハラスメント再発防止費用を補償する特約を新設

生保

東京海上日動あんしん生命、「家族信託組成サポートサービス」の提供開始