シンニチ保険WEB

かんぽ生命、保険料引落しデータ誤作成による保険料の未収納が判明

かんぽ生命は、7月27日、同社の保険契約及び簡易生命保険契約について、7月収納予定の保険料の引落しデータ誤作成による未収納が判明したことを発表した。
預貯金口座を開設している金融機関が合併や支店の統廃合を行った場合、金融機関コードや支店コードが変更となる。これらの変更を同社が保有する保険料引落し口座情報に反映するため、7月9日(土)、同社において、金融機関コードまたは支店コードが旧情報である口座を抽出の上、一括反映処理を行った。
しかし、金融機関の合併等の際に、金融機関コードまたは支店コードに加えて口座番号も変更されている場合もあり、この場合には同社が作成した保険料引落しデータは変更前の口座番号に対するものとなるため、7月収納予定の保険料が口座番号相違により引き落としされず未収納となる事象があることが判明したもの。
影響件数については、数千件程度を見込んでいる。詳細は現在確認中で、判明次第、速やかに公表するとしている。
保険料が未収納となっている場合は同社から個別に連絡を行い、本件により契約者に不利益が生じないように対応していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

かんぽ生命、「資産の把握状況に関する調査」を実施

生保

かんぽ生命、「すこやか応援!!ちいかわといっしょ ~連続コラボ企画~」開催

生保

「かんぽ生命-アフラック Acceleration Program」最終審査結果発表

生保

かんぽ生命、東京都とラジオ体操普及啓発事業に係る協定を締結

生保

かんぽ生命、JPインベストメント2号投資事業有限責任組合へ出資

生保

かんぽ生命、車いすテニスの大谷桃子選手がウィンブルドン選手権に出場

生保協会・団体

生保協会、かんぽ生命の新規業務届出を踏まえ懸念等を発表

生保その他

日本郵政グループ、企業行動基準「JP行動宣言」を策定

生保

かんぽ生命、新規業務の届出を実施

生保

かんぽ生命等、業務改善計画の進捗状況を公表