シンニチ保険WEB

メットライフ生命、ディスクロージャー資料「メットライフ生命の現状 2022」を発行

メットライフ生命は、ディスクロージャー資料「メットライフ生命の現状 2022」を公開した。本資料は、関係法令および生命保険協会の開示基準に基づき、同社の2022年3月期の事業や決算の状況、経営方針、財務状況などの重要な企業情報をわかりやすく開示している。
同社は、サステナビリティの重要課題の一つとして「環境保護に注力する」ことを掲げている。昨年に引き続き、ペーパーレス化のさらなる推進を図り、本資料の印刷部数を昨年比で25%削減した。ペーパーレス推進前の2020年と比較すると、冊子ベースで95%以上の削減を達成した。また、スマートフォンやタブレットからアクセスしやすい二次元コードを記載したリーフレットを採用することで、デジタル版の縦覧を促進し、お客さまや代理店の利便性を高めている。
当資料の冊子やリーフレットにはサステナブルな社会の実現にむけて、適正に管理された森林およびその他の管理された供給源由来の用紙を使用し、スコープ1とスコープ2の温室効果ガスの排出量をゼロにした「カーボンゼロプリント工場」で印刷している。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

メットライフ生命、「足もとの自然から考える生物多様性@新宿中央公園」開催決定

生保

メットライフ生命、神戸市立高校の家庭科教職員向け金融教育研修を実施

生保

メットライフ生命、兵庫県、神戸市、兵庫県緑化推進協会と「企業の森づくり活動への取組に関する協定」を締結

生保

メットライフ生命、長崎市とフードドライブを実施

生保

メットライフ生命、TOKYO FM/JFNで番組協賛を開始

生保

メットライフ生命、神戸市と女性活躍推進のための意見交換会を実施

生保

メットライフ生命、よりよい地域社会のための寄付が累計5億3,870万円に社会貢献プログラム「ワンダラー・ドネーション」贈呈式

生保

メットライフ生命、広島銀行と共同社会貢献プログラム第30期寄付金を贈呈

生保

メットライフ生命、金融機関として初めて兵庫高校でSTEAM教育の出前授業

生保

メットライフ生命、メットライフ 今年度のサステナビリティレポートを発行