シンニチ保険WEB

大同生命、東洋大学と共同研究を開始

大同生命は、創業120周年記念事業の一環として、東洋大学とともに、「日本・ドイツの中小企業経営」に関する共同研究を開始した。
ドイツには約350万社の中小企業が存在し、日本と同様、産業構造において中小企業が重要な位置づけを有するとともに、中小企業に対する公的支援や政策、中小企業経営にかかる研究の蓄積が多いなど、日本と類似点が多く見られる。
一方でドイツには、研究開発費や輸出額が大きく、デジタルトランスフォーメーション(DX)にも対応した、経営力の高い中小企業が多いことでも知られている。
今回の共同研究は、これまで中小企業経営論、アントレプレナーシップ論等を中心に研究を進め、ドイツ中小企業やドイツ企業と取引する日本の中小企業に関する論文・報告書を数多く執筆し、学会・研究会で報告されている東洋大学経営学部教授 山本 聡氏と同社との協働により、日本・ドイツの中小企業経営の調査・比較研究を行い、ドイツ中小企業経営に学ぶべき要素を把握し、日本の中小企業経営に活かしていただくことを目的としたものである。
◆共同研究の概要
<テーマ>
日本・ドイツの比較研究によるドイツ中小企業からの示唆の獲得
<主たる研究者>
山本 聡氏(東洋大学 経営学部経営学科 教授)
<研究内容>
・大同生命と東洋大学教授 山本聡氏が共同で日本・ドイツにおける中小企業経営の調査・比較研究を行い、中小企業経営に有用な示唆を獲得。
・研究成果を幅広く発信し、中小企業の経営変革に向けた“気づき”を提供することにより、中小企業の永続的発展に貢献。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大同生命、コートジボワール政府向けの投資を実施

生保

朝日生命、東京大学との共同研究 社会連携講座「糖尿病・生活習慣病予防講座」の研究論文が複数の医学誌に掲載

生保

大同生命、BCP策定意向が拡大、リスク対策の意識が高まる~中小企業経営者アンケート6月度調査レポート~

生保

明治安田生命、早稲田大学と「健康経営と企業経営との関係性」の共同研究

生保

大同生命、アジア・アフリカの子どもたちに約26万食分の学校給食を寄付

生保

T&Dホールディングス、太陽生命、太陽生命、独立行政法人国際協力機構(JICA)が発行する「ピースビルディングボンド(平和構築債)」に投資

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「大同生命サーベイ」2021年度年間レポートを公表

生保

大同生命、神戸大学 経済経営研究所と共同研究を開始

生保

大同生命、明治大学で「起業」に関するオンライン講座を開催

生保

大同生命、2025大阪・関西万博に向けて、商都・大坂の魅力を発信