新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

大同生命、東洋大学と共同研究を開始

大同生命は、創業120周年記念事業の一環として、東洋大学とともに、「日本・ドイツの中小企業経営」に関する共同研究を開始した。
ドイツには約350万社の中小企業が存在し、日本と同様、産業構造において中小企業が重要な位置づけを有するとともに、中小企業に対する公的支援や政策、中小企業経営にかかる研究の蓄積が多いなど、日本と類似点が多く見られる。
一方でドイツには、研究開発費や輸出額が大きく、デジタルトランスフォーメーション(DX)にも対応した、経営力の高い中小企業が多いことでも知られている。
今回の共同研究は、これまで中小企業経営論、アントレプレナーシップ論等を中心に研究を進め、ドイツ中小企業やドイツ企業と取引する日本の中小企業に関する論文・報告書を数多く執筆し、学会・研究会で報告されている東洋大学経営学部教授 山本 聡氏と同社との協働により、日本・ドイツの中小企業経営の調査・比較研究を行い、ドイツ中小企業経営に学ぶべき要素を把握し、日本の中小企業経営に活かしていただくことを目的としたものである。
◆共同研究の概要
<テーマ>
日本・ドイツの比較研究によるドイツ中小企業からの示唆の獲得
<主たる研究者>
山本 聡氏(東洋大学 経営学部経営学科 教授)
<研究内容>
・大同生命と東洋大学教授 山本聡氏が共同で日本・ドイツにおける中小企業経営の調査・比較研究を行い、中小企業経営に有用な示唆を獲得。
・研究成果を幅広く発信し、中小企業の経営変革に向けた“気づき”を提供することにより、中小企業の永続的発展に貢献。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大同生命、野村総研とヘルスケアデータ活用に向けた実証実験を実施~継続的な睡眠データのモニタリングにより参加者の6割以上が、睡眠に対する意識の高まりを実感

損保

損保ジャパン、AI教習所、安心で安全な運転を支えるエコシステム「運転の人間ドック」構想の実現を目指して、共同研究を開始

生保

大同生命、女優・波瑠(はる)さん出演の新CM『経営者オフサイトミーティング』シリーズ「経営支援篇」&「経営者保障篇」5月31日(金)放映開始

生保

大同生命、「新規顧客・販路の開拓/日銀のマイナス金利政策解除」について調査を実施

生保

T&Dホールディングス、2024年3月末市場整合的エンベディッド・バリューの開示

生保

大同生命、2023年度版「健康スコアリングレポート」にてすべての指標の総合評価で2年連続最上位ランクを獲得

生保

大同生命、「中小企業の賃上げ状況/中小企業のDX推進/国際女性デー」について調査を実施

生保

大同生命、横浜市中区本町に「大同生命横浜ビル」が竣工

生保

大同生命、関西大学イノベーション創生センターで開催の「ビジネスアイデアコンテスト」に特別協賛

生保

大同生命、『大同生命SV.LEAGUE』が誕生

関連商品