シンニチ保険WEB

大同生命、2025大阪・関西万博に向けて、商都・大坂の魅力を発信

大同生命は、同社の120回目の創業記念日にあたる2022年7月15日(金)より、大阪本社メモリアルホールの特別展示『大同生命の源流“加島屋と広岡浅子”』をリニューアルし、大阪くらしの今昔館(大阪市北区)等と共同で進めてきた加島屋研究の成果である「加島屋本宅再現模型」を一般公開する。
また、同日より、大阪くらしの今昔館でも特別展示『商都大坂の豪商・加島屋あきない町家くらし』が開催される。
同社の礎を築いた大坂の豪商・加島屋のビジネスと暮らしを紹介するとともに、2025大阪・関西万博(加島屋創業400年)に向けて、江戸期に「世界最先端のサステナビリティ都市」であった「商都・大坂の魅力」を発信する。
1.同社特別展示の概要
①展示名:大同生命の源流“加島屋と広岡浅子”(後援:大阪市、大阪市教育委員会、大阪商工会議所)
②会場:大同生命大阪本社2階メモリアルホール(大阪市西区江戸堀1丁目2番1号)※地下鉄四つ橋線「肥後橋駅」下車すぐ(1-A、1-B出口)
③入場料:入館無料
④展示内容:
この10年で新たに発見された豪商・加島屋に関する歴史資料をもとに加島屋本宅を模型で再現。
加島屋のビジネスと暮らしを精巧な人形で再現。
⑤公開期間:2022年7月15日(金)~2023年3月末
⑥開館時間:火曜日~金曜日10:30~16:00(入館は15:30まで)
※月曜日(祝日を除く)はガイドツアー実施日(要事前申込)
⑦休館日:土曜日・日曜日・祝日・年末年始
※その他、臨時休館する場合がある。
2.加島屋に関する共同研究プロジェクトメンバー(敬称略)
谷直樹 大阪市立大学名誉教授、大阪くらしの今昔館前館長
岩間香 摂南大学名誉教授、大阪くらしの今昔館特別研究員
高槻泰郎 神戸大学経済経営研究所准教授
増井正哉 大阪くらしの今昔館館長
服部麻衣 大阪くらしの今昔館学芸員
松本正己 松本正己建築事務所代表
林圭祐 株式会社ヤマネ(模型製作)
坂部勝則 アルケミィ(人形製作)
北原須美子 同上
※大同生命保険株式会社コーポレートコミュニケーション部がプロジェクトをコーディネイトしました。
3.大阪くらしの今昔館特別展示の概要
・同社での「加島屋本宅再現模型」の公開と同時に、2022年7月15日(金)より、大阪くらしの今昔館(大阪市立住まいのミュージアム)でも特別展示が開催される。
・これは、加島屋に関する共同研究プロジェクトの考証過程で明らかになった加島屋の姿を、「あきない」「町家」「くらし」の視点で構成した企画展で、史上初となる総合的な「加島屋展」である。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ジブラルタ生命、新サービス「電子通知」を開始

生保

大同生命、コートジボワール政府向けの投資を実施

生保

ソニー生命、「保険契約者代理請求人制度に関する特則」「後継年金受取人制度に関する特則」の取扱開始

生保

メットライフ生命、神戸市立高校の家庭科教職員向け金融教育研修を実施

損保

明治安田損保、「お客さま志向の業務運営方針」の取組状況(2021年度)

損保

損保ジャパン、「お客さま本位の業務運営方針」の改定と「お客さまの声白書2022」の発行

生保

太陽生命、「太陽の元気プロジェクト」2021年度の取組みを公開

損保

セゾン自動車火災、NTTドコモのドライブレコーダーと連携した事故対応サービスを終了

損保

三井ダイレクト損保、ブランドコンセプトを刷新~「強くてやさしい」企業になることを宣言

生保

大同生命、BCP策定意向が拡大、リスク対策の意識が高まる~中小企業経営者アンケート6月度調査レポート~