新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

太陽生命少子高齢社会研究所、地方自治体を対象に「産後ケア事業に関する実態調査」を実施

太陽生命の子会社である太陽生命少子高齢社会研究所は、2021年4月より地方自治体の努力義務となった「産後ケア事業」について、地方自治体の事業運営に関する実態調査を行った。
◆調査の概要
・実施方法
郵送アンケートとホームページによる机上調査
・実施期間
2021年11月~2022年1月
・実施対象
406自治体(全自治体数の23.2%)
※太陽生命支社所在地の自治体+20~30代の女性人口で層別しサンプリングした自治体
◆調査結果のポイント
①調査を実施した406自治体のうち、75%にあたる306自治体が産後ケア事業を導入していた。
②2021年4月以降の産後ケア事業の利用状況について、約6割
の自治体は利用実績があると回答した。
③短期入所型産後ケア事業の「実施できない理由」や「今後
の課題」として最も多かった回答は、「施設不足」であった。
④施設の利用停止等の判断を行った自治体もあるものの、約8割の自治体は事業を継続実施していたと回答した。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命、「JAPAN RUGBY CHALLENGE SERIES 2024」に特別協賛

生保

マニュライフ生命「アジア・ケア・サーベイ2024」を発表~日本の生活者、将来のファイナンシャル・ウェルビーイング実現への期待度がアジアで最下位、退職後に向けた積極的な準備が必要

生保

エヌエヌ生命、家業経営者の父親とその子どもに関する調査品を発表

生保

日本生命、「父の日」に関するアンケート調査を実施

生保

アクサ生命、世界16の国と地域で実施、アクサのマインドヘルス調査「心の健康」日本は最下位

生保

大同生命、「新規顧客・販路の開拓/日銀のマイナス金利政策解除」について調査を実施

生保

太陽生命、森林(もり)、『森林教室』実施

生保

太陽生命、「渋谷二丁目17地区市街地再開発事業」で複合施設渋谷アクシュを7月8日開業

生保

T&Dホールディングス、2024年3月末市場整合的エンベディッド・バリューの開示

生保

太陽生命、SBI新生銀行を通じ、『長生きMy介護』の販売を開始

関連商品