シンニチ保険WEB

各生保会社、「お客さま本位の業務運営基本方針」の2021年度取組結果を公表

各生保会社は、「お客さま本位の業務運営基本方針」の2021年度取組結果を公表した。
■アフラック生命
アフラック生命は、「お客様本位の業務運営に係る方針」に基づく2021年の取り組み結果をまとめた。
同社は、お客様本位の業務運営をより一層推進するため、2017年6月に「お客様本位の業務運営に係る方針」及び「お客様本位の業務運営に係る取り組み内容」を策定するとともに、その取り組み結果を年次で公表することとしている。今般、本方針に基づく2021年の取り組み結果をまとめた。
主な取り組み結果は以下のとおりである。
・公的介護保険制度を踏まえた合理的な保障設計を特長とした〈アフラックのしっかり頼れる介護保険〉の発売
・お客様の利便性向上を目的とした電話番号認証による「ご契約者様専用サイト『アフラックよりそうネット』」新規登録方法の追加
・事前に登録された家族も契約者に代わって契約内容の問い合わせ等ができる「ご家族による契約内容確認制度」の運用開始
・給付請求書類の簡素化や給付金デジタル請求サービスなどの給付請求手続きにおける利便性向上
また、金融庁が公表している「顧客本位の業務運営に関する原則」と、同社が公表している「お客様本位の業務運営に係る方針」及び「お客様本位の業務運営に係る取り組み内容」との対応関係に加え、取り組み結果についての対応関係も明確化した。
同社はこれからも、「お客様本位の業務運営に係る方針」に基づく取り組みについて年次で検証、見直しを行うことで、これまで以上にお客様が満足するお客様本位の業務運営のさらなる推進に取り組んでいく。
■イオン・アリアンツ生命
イオン・アリアンツ生命はお客さま本位の業務運営をより具体的に推進するため、「お客さま本位の業務運営基本方針」に基づく、2021年度の取組結果を公表した。
2021年度は、個人のお客さま向けの新商品の販売を開始したほか、わかりやすい募集資料の作成や、代理店・募集人に対するオンラインを活用したサポートなどを実施している。
これらの具体的な取組みについて、より多くのお客さまにわかりやすく伝わるよう本資料を作成し、取組みを客観的に評価する成果指標(KPI)とともに公表する。
イオン・アリアンツ生命は、「生命保険とサービスを通じ、お客さまの日々の生活と未来、そして社会に安心をお届けします。」との経営理念のもと、一人ひとりのお客さまの声を真摯に受けとめ、本方針に基づく取組みの一層の充実に引き続き努めていく。
■カーディフ生命
カーディフ生命は、「お客さま本位の業務運営」に関して2021年度の取り組み結果を公表した。
同社は、2017年6月に「お客さま本位の業務運営方針(以下、同方針)」を策定し、以来、同方針に基づく取り組みを継続的に推進・強化するために、その進捗状況を定期的に公表している。
「ひとりでも多くの人に、保険への扉をひらく」という使命を掲げ、保険本来の価値をお客さまに正しく、わかりやすく伝え、多様化するニーズに応える保障や利便性の高いサービスを届けるために、2021年度中もさまざまな取り組みを実施した。
主な取り組みとして、金融機関で住宅ローンを利用になるお客さまに提供する「がん保障特約付き団体信用生命保険(がん団信)」について、引受基準を一部緩和した。これにより、がん既往歴があり、従来は引き受けの対象外だったお客さまも、既往がんの種類や治療内容、経過期間等によってがん団信に加入することが可能となった。
今後も、同方針に基づく取り組みを実践し、企業文化として一層の定着・浸透を図ることで、真にお客さまの役に立てる保険会社となることを目指していく。
■住友生命
住友生命は、金融庁から公表された「顧客本位の業務運営に関する原則」(以下、「原則」)を採択し、2017年5月に「お客さま本位の業務運営方針」を策定以降、毎年その取組状況を公表している。
今般、2021年度の「お客さま本位の業務運営方針」に係る取組状況をまとめた。
<2021年度の主な取組み>
・「スミセイ中期経営計画2022」に基づく、『なくてはならない』生命保険会社の実現に向けた取組みの推進(特にサステナビリティという観点に注力)
・“住友生命「Vitality」”の浸透や人生100年時代を見据えたサービス・情報提供を通じた健康長寿社会への貢献等の推進
・既存の「認知症PLUS(プラス)」と比較し、保障範囲を限定することで低廉な保険料を実現するとともに、4つの告知のみで加入できる「スミセイの認知症保険」を発売する等、社会課題の解決に資する先進的な商品の提供
これからも、お客さまの最善の利益を追求するとともに、お客さまから信頼され選ばれる会社であり続けるために、「お客さま本位の業務運営方針」に基づく具体的な取組みを積極的に推進するとともに、定期的に振返りを行い、各種取組みの実効性を高めていきます。
■第一生命
第一生命は、第一生命グループで定めた「お客さま第一の業務運営方針」に基づく、2021年度の取組み状況をまとめた。
第一生命グループは、「一生涯のパートナー」をグループミッションとして掲げ、「お客さま満足」等の原則を掲げた企業行動原則のもと、経営品質の絶えざる向上に取り組んでいる。
また、お客さま一人ひとりの「幸せ」を想い、その人生に寄り添う最良のパートナーとして選ばれ続けるため、私たちが考える「お客さま第一」を本方針に掲げ、グループ内に共有・浸透を図り、「お客さま第一の業務運営」を推進している。
同社は、お客さまから更に支持をされる保険会社として進化し続けることを目的に、「お客さま第一の業務運営」にかかる具体的な取組み状況を「見える化」し、また、お客さまからの評価等を真摯に受けとめ、業務の品質向上やその取組みのスピードを加速させるとともに、その状況を積極的に公表している。
また、2020年度に発生した同社元社員による金銭不正取得事案によって、お客さま・社会の皆さまに大変な迷惑・心配をお掛けしてしまったという真摯な反省を踏まえ、信頼の回復に向けて引き続き、本方針に基づく企業風土の改革と経営品質の改善、そして「お客さま第一」の理念浸透に取り組んでいく。
■第一フロンティア生命
第一フロンティア生命は、第一生命グループで定めた「お客さま第一の業務運営方針」に基づく、2021年度の取組み状況をまとめた。
第一生命グループは、「一生涯のパートナー」をグループミッションとして掲げ、「お客さま満足」等の原則を掲げた企業行動原則のもと、経営品質の絶えざる向上に取り組んでいる。
同社は、お客さまから更に支持をされる保険会社として進化し続けることを目的に、「お客さま第一の業務運営」に係る具体的な取組み状況を「見える化」し、また、お客さまからの評価等を真摯に受けとめ、業務の品質向上やその取組みのスピードを加速させるとともに、その状況を積極的に公表している。
これからも、お客さま一人ひとりの「幸せ」を想い、その人生に寄り添う最良のパートナーとして選ばれ続けるため、様々な分野において「お客さま第一の業務運営」を推進していく。
■ネオファースト生命
ネオファースト生命は、第一生命グループで定めた「お客さま第一の業務運営方針」に基づく、2021 年度の取組み状況をまとめた。
第一生命グループは、「一生涯のパートナー」をグループミッションとして掲げ、「お客さま満足」等の原則を掲げた企業行動原則のもと、経営品質の絶えざる向上に取組んでいる。
また、お客さま一人ひとりの「幸せ」を想い、その人生に寄り添う最良のパートナーとして選ばれ続けるため、私たちが考える「お客さま第一」を本方針に掲げ、グループ内に共有・浸透を図り「お客さま第一の業務運営方針」を推進している。
同社は、お客さまから更に支持をされる保険会社として進化し続けることを目的に、「お客さま第一の業務運営」に係る具体的な取組み状況を「見える化」し、また、お客さまからの評価等を真摯に受けとめ、業務の品質向上やその取組みのスピードを加速させるとともに、その状況を積極的に公表している。
これからも、お客さまに最も選ばれ、愛される会社になるよう、様々な分野において「お客さま第一の業務運営」を推進していく。
■T&Dホールディングス、太陽生命、大同生命、T&Dフィナンシャル生命、T&Dアセットマネジメント、ペット&ファミリー損保
T&D保険グループの太陽生命、大同生命、T&Dフィナンシャル生命、T&Dアセットマネジメント、ペット&ファミリー損保は、「お客さま本位の業務運営」に関して、2021年度取組結果を公表した。
◇太陽生命
https://www.taiyo-seimei.co.jp/company/activity/customer_first.html
◇大同生命
https://www.daido-life.co.jp/company/satisfied/policy.html
◇T&Dフィナンシャル生命
https://www.tdf-life.co.jp/company/customer_houshin.html
◇T&Dアセットマネジメント
https://www.tdasset.co.jp/company/principles/fiduciary/
◇ペット&ファミリー損害保険
https://www.petfamilyins.co.jp/customer_oriented/initiative_policy/
■メディケア生命
メディケア生命は、2021年度における「お客さま本位の業務運営方針」に係る取組み状況をまとめた。また、この結果等を踏まえて「お客さま本位の業務運営方針」を改正した。
同社は2017年6月に、これまで以上にお客さま本位の業務運営を推進するため「お客さま本位の業務運営方針」を策定した。
以降、定期的に本方針に掲げる各種取組みの実施状況の振返りを行うとともに、この振返り等を踏まえて本方針を改正している。
今後とも本方針に基づく具体的な取組みを積極的に推進することで、お客さまの最善の利益を追求するとともに、お客さまにとって、最も身近に感じていただける会社となるよう努めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

マニュライフ生命、業務改善計画を策定

損保

明治安田損保、「お客さま志向の業務運営方針」の取組状況(2021年度)

損保

損保ジャパン、「お客さま本位の業務運営方針」の改定と「お客さまの声白書2022」の発行

生保

太陽生命、「太陽の元気プロジェクト」2021年度の取組みを公開

損保

三井ダイレクト損保、ブランドコンセプトを刷新~「強くてやさしい」企業になることを宣言

損保

東京海上日動、中小機構による「事業継続力強化計画の策定支援」事業の受託

生保

大同生命、2025大阪・関西万博に向けて、商都・大坂の魅力を発信

生保

第一生命、JR「関内」駅前に「横浜市旧市庁舎街区活用事業」を着工

生保

生保各社、「お客さま本位の業務運営に関する取組方針」を公表

生保

住友生命、「(仮称)住友生命福岡ビル・西通りビジネスセンター建替計画」の概要を発表