シンニチ保険WEB

大同生命、「大同生命サステナビリティ経営支援プログラム」新たな採択企業を決定

大同生命は、中小企業のSDGsへの取組みを応援するサステナビリティ経営支援プログラム「DAIDO Sustainability INITIATIVE」において、社会課題の解決に資する技術・アイデアを有する企業6社を新たに採択した。
6月23日(木)に開催する「先端技術とつながるイベント」にて、新たな採択企業を紹介し、中小企業による技術の活用・協業の実現に向けて、引き続きサポートしていく。
1.新たな採択企業の決定
サービス・技術の先進性や中小企業におけるサステナビリティ経営での活用可能性等を評価し、6社を新たに採択した。
①株式会社ゼロボード:CO2排出量の算定・削減管理クラウドサービス
②ネクストミーツ株式会社:味、食感、見た目にこだわった100%植物性の代替肉
③ファンファーレ株式会社:産業廃棄物業界特化のAI配車管理システム
④株式会社クラダシ:手軽に社会貢献できてフードロスが削減できるECサイト
⑤コークッキング株式会社:食品売り切りのためのフードシェアリングサービス
⑥株式会社森未来:木材の検索から調達までをサポートする「eTREE」
2.「先端技術とつながるイベント」の開催
今回、追加採択した企業6社の技術・サービスを紹介するイベントをオンライン開催する。
また、カーボンニュートラルの実現に向けて取り組む、合資会社大和川酒造店会長の佐藤彌右衛門氏とジカンテクノ株式会社代表取締役の木下貴博氏が登壇し、対談形式で事例を紹介する。
3.サポート内容
サステナビリティ経営に取り組む中小企業に対し、活用・協業支援、情報発信の観点から支援する。
具体的には、新商品の開発やサービスの導入等、技術の活用や協業に向けた後押しとして、採択企業との商談を設定しており、既に多くの取組事例が生まれつつある。また、サステナビリティ経営をより身近に感じてもらうことを目的に、プログラムの「情報サイト」や、経営者同士のコミュニティを提供するWebサービス「どうだい?」を通じて、様々なコンテンツを発信していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

生保各社、「お客さま本位の業務運営に関する取組方針」を公表

生保

住友生命、「(仮称)住友生命福岡ビル・西通りビジネスセンター建替計画」の概要を発表

生保

各生保会社、「お客さま本位の業務運営基本方針」の2021年度取組結果を公表

損保

SOMPOホールディングス、「SOMPO気候アクション」の加速に向けた「NZIA:ネットゼロ・インシュランス・アライアンス」への加盟と取組方針を強化

生保協会・団体

生保協会、かんぽ生命の新規業務届出を踏まえ懸念等を発表

生保

明治安田生命、「『お客さまの声』白書2022」を発行

生保その他

日本郵政グループ、企業行動基準「JP行動宣言」を策定

生保

SBI生命、2021年度「顧客中心主義に基づく業務運営方針」にかかる取組結果と成果指標を公表

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「資金繰りと今後の業績」

生保

クレディ・アグリコル生命、「お客さま本位の業務運営に関する方針」に基づく成果指標(KPI)を更新