新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

メットライフ生命、活水高校でライフプランニング講義を実施

メットライフ生命は、6月21日に活水高等学校でライフプランニングに関する講義を実施した。同社が多くのお客さまのライフプランニングを支援する中で培った知見をもとに、高校生が「10年後の自分」をデザインし、実現していく上で参考となる情報を提供した。
当日は、同校の2年生約130名が参加した。同社社員によるライフプランニングの必要性についての講義に続き、生徒の皆さんは実際に未来予想図を作成する演習に取り組みた。それぞれが思い描く、進学、就職、結婚、子育て、老後などのライフイベントをプランニングシートに書き込み、長期の視点で将来を構想することで、「10年後の自分」についてより明確にイメージしてもらった。その後、同社社員が、夢や希望を実現するために必要な人生設計、資金計画、リスクマネジメントについて解説した。座学と演習を織り交ぜた本プログラムを通し、生徒の皆さんには、自ら将来を描き、その実現に向けて計画的に準備していくライフプランニングの重要性を学び、今後に活かす機会としてもらった。
同校では、探究学習の一環で多様なキャリアデザインプログラムを実施し、生徒の皆さんが主体的に自らの将来を描くための資質、能力の開発に取り組まれている。東京に加えて長崎市にも本社を置く同社は、長崎市、長崎県と包括連携協定を締結するなど、次代の長崎を担い、産業を支える人材育成への貢献を目指しており、同校のプログラムの趣旨に強く共感し、ライフプランニングという生命保険会社ならではの視点から情報を提供すべく講師を派遣することになった。
同社はサステナビリティ重要課題の一つとして「豊かな地域社会の創造に寄与する」を掲げている。今後も、同社にとって重要な拠点である長崎の皆さまの、よりたしかな未来に向けて、さまざまな取り組みを展開していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保協会・団体

生保協会、2024年度も保育所・放課後児童クラブを対象とした助成活動(総額2,500万円)を実施

共済

こくみん共済coop〈全労済〉、「こくみん共済coop文化フェスティバル2024夏」7月20日から開幕

生保

メットライフ生命、51周年もブランド広告を大規模に展開

損保

SOMPOホールディングス、SOMPOケア、「認知症予防を目指した多因子介入によるランダム化比較試験」で成果、「Alzheimer’s&Dementia」(アルツハイマー病協会国際学術誌)に掲載

協会・団体損保

SOMPO環境財団、環境分野の博士号取得支援「学術研究助成」対象者を募集

損保

SOMPO福祉財団、「住民参加型福祉活動資金助成(東日本地区)」を募集

損保協会・団体

SOMPO福祉財団、「自動車購入費助成(西日本地区)」を募集

生保

富国生命、北海道七飯養護学校生徒作品展示会「すまいる・ぎゃらりー」開催

損保

大同火災、令和6年台湾東部沖地震に関する救援金を寄贈

生保

メットライフ生命、「DEJIMA 博」「こどもでじまはく」に特別協賛

関連商品