シンニチ保険WEB

明治安田生命、ふるさと関西を考えるキャンペーン47年目冊子「関西の色とりどり」を発行

明治安田生命は、2022年度の「関西を考える会」の冊子「関西の色とりどり」(A4判・本文88ページ)を発行する。
明治安田生命「関西を考える会」は、1976年(昭和51年)以来、地域・社会貢献活動の一環として関西の歴史・文化を探る活動を続け、毎年さまざまなテーマで冊子を発行してきた。
47年目にあたる今回は、「関西の色とりどり」と題して、有識者91人からのコメントを中心に、関西2府4県各地で見られるさまざまな色を紹介している。冊子は巻頭8ページをカラー化、CUD(カラーユニバーサルデザイン)認証を取得して、多様化する読者に優しい仕様にしている。また、本冊子は関西一円の多くの方に読んでもらうため、関西2府4県の図書館等にも寄贈する。
同社は、「地域社会との絆」を大切にし、「人に一番やさしい生命保険会社」をめざしており、今後も本活動を通じて、関西の活性化によりいっそう貢献していく。
【冊子に掲載されている色(抜粋)】
■自然の色メタセコイア並木の四季、若草山の四季、夕陽ヶ丘の夕陽
■街の色カラフルな道頓堀、阪神間の白い土、奈良の青丹色、神戸の夜景
■生活文化の色日本の伝統色、奈良墨の黒、文楽の定式幕、紅しょうがの天ぷら
■イメージカラー阪急電車のマルーン、セレッソ大阪のピンク、京都の紫色

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、アジア開発銀行が発行する「エデュケーション・ボンド」に投資

損保

あいおいニッセイ同和損保、テレマの契約者向けに「長く運転を楽しむため」のコンテンツを提供

生保

ジブラルタ生命、新サービス「電子通知」を開始

生保

明治安田生命、「愛と平和のチャリティーコンサート2022」および三枝 成彰氏による音楽授業「未来を奏でる教室」を開催

生保

ソニー生命、「保険契約者代理請求人制度に関する特則」「後継年金受取人制度に関する特則」の取扱開始

生保

明治安田生命、円建劣後ローンによる調達を実施

生保

メットライフ生命、神戸市立高校の家庭科教職員向け金融教育研修を実施

生保

明治安田生命、欧州投資銀行が発行する「サステナビリティ・アウェアネス・ボンド」に100億円投資

損保

セゾン自動車火災、NTTドコモのドライブレコーダーと連携した事故対応サービスを終了

生保

明治安田生命、夏に関するアンケート調査を実施