シンニチ保険WEB

大同生命、東大安田講堂で特別講演会「働く世代のがんの早期発見と治療」を開催

大同生命は、2月より、東大病院とともに、中小企業における「がんに対する意識とがん患者の就労状況」に関する共同研究を開始している。
その一環として、7月5日(火)、東京大学大講堂(安田講堂)にて、養老孟司氏を招き特別講演会「働く世代のがんの早期発見と治療」を開催する。事前申込みで定員600名、参加費無料。
「人生100年時代」といわれる現代では、年間約100万人が新たにがんと診断され、その約3人に1人が64歳以下※の「働く世代」である。今回の特別講演会は、共同研究の一環として、中小企業の「がんになっても安心して働ける職場環境づくり」への貢献を目的としたものである。
※「平成30年 全国がん登録罹患数・率報告」(2021年6月14日発行)
編集:国立がん研究センターがん対策情報センター/発行:厚生労働省健康局がん・疾病対策課

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大同生命、コートジボワール政府向けの投資を実施

生保

大同生命、BCP策定意向が拡大、リスク対策の意識が高まる~中小企業経営者アンケート6月度調査レポート~

生保

大同生命、アジア・アフリカの子どもたちに約26万食分の学校給食を寄付

生保

T&Dホールディングス、太陽生命、太陽生命、独立行政法人国際協力機構(JICA)が発行する「ピースビルディングボンド(平和構築債)」に投資

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「大同生命サーベイ」2021年度年間レポートを公表

生保

大同生命、神戸大学 経済経営研究所と共同研究を開始

生保

大同生命、東洋大学と共同研究を開始

生保

大同生命、明治大学で「起業」に関するオンライン講座を開催

生保

大同生命、2025大阪・関西万博に向けて、商都・大坂の魅力を発信

生保

大同生命、健康経営Webセミナー「“イメージアップ”や“業績向上”につながる健康経営とは」開催