シンニチ保険WEB

FWD生命、『FWD医療』にがん診断給付金特約を新設、特定3大疾病給付金特約の保険料改定

FWD生命は、2022年7月2日より無解約返戻金型医療保険『FWD医療』に、がん診断給付金特約を新設し、併せて特定3大疾病給付金特約の保険料率を改定する。
同社の山岸代表取締役社長兼CEOは、次のように述べている。
「当社は、人々が抱く“保険”に対する感じ方・考え方を刷新することをビジョンに掲げ、独自性豊かなお客さまニーズに沿った商品や、今までにない顧客体験を提供することを目指している。今年1月4日に発売を開始した『FWD医療』は“3大疾病だけじゃない。未知の感染症もトータルサポート”をコンセプトに、『FWD医療引受緩和』と共に発売以来多くのお客さまに好評いただいております。
この度、『FWD医療』に2回目以降の支払事由に通院も対象となる、がん診断給付金特約を新設し、また特定3大疾病給付金特約の保険料率を引き下げることで、更に充実した3大疾病の保障をご準備いただきやすくいたしました。」
<がん診断給付金特約について>
本特約は次のいずれかに該当したとき、通算限度なしで1年に1回を限度に支払う。
2回目以降の支払事由に通院も対象となる点が、大きな特徴となっている。
(1)がんと診断確定されたとき、またはがんの再発・転移が認められたとき
(2)がんにより所定の治療*1のため入院または通院*2をしたとき(入院を継続しているときを含む)
*1再発予防のための治療は含まれまない。*2ホルモン剤治療のみを受ける通院は含まれない。
・この特約は、主契約の責任開始日から91日目(この特約の責任開始日)に保障を開始する。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

PGF生命、十六銀行で「米国ドル建終身保険(保険料円払込型)」を販売開始

生保

第一生命、ミレニアル世代向け「デジホ」の新商品を第一スマート少額短期保険より提供開始

生保

FWD生命、ベルフェイスが提供するオンライン営業システム「bellFace」を試験導入

損保

東京海上日動、糖尿病治療支援保険を開発

生保

アフラック生命、「生きる」を創るがん保険WINGSを発売

生保

ソニー生命、「変額個人年金保険(無告知型)22(無配当)」および「一時払変額個人年金保険(無告知型)22(無配当)」を発売

損保

損保ジャパン、「PayPayほけん」ミニアプリ「コロナお見舞い金」販売停止

損保

東京海上日動、中小企業向けハラスメント再発防止費用を補償する特約を新設

生保

東京海上日動あんしん生命、「家族信託組成サポートサービス」の提供開始

生保

ネオファースト生命、がん保険「ネオdeがんちりょう」を発売