シンニチ保険WEB

PGF生命、「2022年の還暦人(かんれきびと)に関する調査」を実施

PGF生命は、2022年4月7日(木)~4月11日(月)の5日間、今年還暦を迎える1962年生まれの男女、「還暦人(かんれきびと)」を対象に「2022年の還暦人に関する調査」をインターネットリサーチで実施し、有効サンプル2,000名の集計結果を公開した。
今年還暦を迎える1962年生まれの男女は、153万人※にのぼる。今年の還暦人に、還暦を迎えることへの意識やこれまでの思い出、ライフスタイル、そして今後の人生への期待や不安を聞いたところ、多様な人生観が垣間見える結果となった。
PGF生命は、還暦を迎える方々が安心して末永くいきいきとした生活をおくれるよう、生命保険ビジネスを通じて応援している。
・トピックス1:貯蓄額の平均は昨年の還暦人と比較して増えた?減った? 変わりゆく還暦人の懐事情
2018年の調査以降、還暦人の貯蓄金額の平均は増加している結果に。2020年には平均額が3,000万円台まで増加し、今年2022年は過去最高の3,122万円(前年比96万円増)となった。コロナ禍による将来不安などを受けて、家計の貯蓄性向が高まっているからかもしれない。
また、貯蓄額が増加傾向にある一方で、最も多かった回答は「貯蓄額100万円未満」だった。
・トピックス2:やっぱり貯金だけじゃなくて、消費もしたい!還暦人の退職金の使い道は?!
59歳時点で就労をしている・していた還暦人で、退職金を受け取る予定がある人の67.2%が回答した使い道は「預貯金」。20.2%が「金融投資」と回答した。将来のことも見据えた、資産形成への意識の高さが伺える。しかし同時に、退職金を消費に充てたい意向も調査結果から見えてきた。
消費行動は「国内旅行」「住宅リフォーム」といった、働いている間にはなかなか時間や手間をかけられないことに退職金を使いたい人が多いようである。
・トピックス3:還暦に見えない!容姿が若いと思う同年代の有名人は?
還暦に見えないくらい容姿が若いと思う1962年生まれの有名人の1位は、女性が「松田聖子さん」、男性が「藤井フミヤさん」だった。トップアイドルとして絶大な人気を誇った。
【第1章:還暦人の意識】
■「還暦の実感がわかない」8割、2018年調査以降緩やかな上昇傾向
■心も身体もまだまだ若い 実感年齢 精神年齢は平均47歳、肉体年齢は平均55歳
■物忘れ増加や記憶力低下が心配? 「最近、記憶力の衰えを感じる」3人に2人
■“嬉しい”と感じる還暦祝い 催しの1位は「一緒に旅行」、プレゼントの1位は「現金」
■還暦に見えない 容姿が若いと思う同年代の有名人は、やっぱりこの人だった
男性有名人1位は「藤井フミヤさん」、女性有名人1位は「松田聖子さん」
■ライフスタイルなどをお手本にしたい同年代の有名人 1位「木梨憲武さん」
【第2章:還暦人の人生振り返り】
■自身の今までの60年を表す漢字1文字 男性回答・女性回答ともに「楽」が1位に
■“忘れられない”お金に関する思い出とは?「初任給で両親に贈り物をした」「株で大損した」など
■青春ソングランキング 選んだ理由には「当時の恋人との思い出」が多数
男性のTOP3は「木綿のハンカチーフ」「青春時代」「青い珊瑚礁」
女性のTOP3は「赤いスイートピー」「卒業写真」「なごり雪」
【第3章:還暦人の仕事・マネー】
■現役志向が強い傾向 「65歳以降も働き続けたい」働く還暦人の8割
■退職金の使い道 消費の矛先は「旅行」「住宅リフォーム」「プレゼント」「自動車購入」へ
■貯蓄額平均は昨年比96万円増で3,122万円、一方、約4割が「500万円未満」と貯蓄格差が顕著に
■生活費として最低限必要だと思う金額 平均は18万7千円/月、昨年比1万1千円減少
■“ゆとりのある生活”を送るために必要だと思う金額 平均は27万3千円/月、3年連続減少傾向
■子どもへの住宅購入資金援助 「意向あり」4割、援助した・したいと思う金額は平均1,561万円
■孫への教育資金援助 「意向あり」4割強、援助した・したいと思う金額は平均1,239万円
■キャッシュレス派が大多数 「買い物では現金決済よりキャッシュレス決済が多い」7割
■家計管理は近いうちにスマホが主流? 「お金の管理をアプリで行いたい」3割
■大切にしている“一生モノ”
男性のTOP3は「時計」「家」「車」、女性のTOP3は「指輪」「時計」「ネックレス・ペンダント」
【第4章:還暦人の展望と不安】
■叶えたい夢や目標 TOP3は「旅行をする」「健康に過ごす・健康になる」「働く・現役でいる」
■コロナ収束後に行いたいリベンジ消費はやっぱり「旅行」2位「食事」3位「ライブ・コンサート」
旅行にかけるお金は、なんと平均24万7千円
■「今後、住み替えをしたい」2割強、住み替え派の“住み替え目標年齢”は平均67歳
■これからの人生で抱く不安 1位「収入の減少」、「判断能力の低下」は4割が不安
■女性の約6割が「エンディングノート・遺言書の作成」に前向き、男性では約4割にとどまる結果に
■3割半がすでに認知症予防を開始 一方で男性の4割強は認知症予防をするつもりがないと回答
■認知症予防のための取り組み 1位「脳トレ」2位「運動」3位「パズル」
■人生100年時代への備え 現在行っていることの1位は「貯蓄・資産運用」
■リカレント教育で習得したい知識・スキル 「語学」がダントツ、2位「パソコン」

関連記事(保険業界ニュース)

生保

PGF生命、十六銀行で「米国ドル建終身保険(保険料円払込型)」を販売開始

生保

ジブラルタ生命、教員の意識に関する調査2022を実施

生保

かんぽ生命、「資産の把握状況に関する調査」を実施

生保

PGF生命、静岡銀行で「積立利率市場連動型一時払終身保険(保障選択型)」を販売開始

生保

PGF生命、三菱UFJ銀行で「積立利率市場連動型一時払終身保険(保障選択型)」を販売開始

生保

PGF生命、SMBCグループ2行で「基本・連生選択型終身」を販売開始

生保

PGF生命、提携金融機関向け研修コンテンツ「ThinkLIFE」を開発

生保

明治安田生命、夏に関するアンケート調査を実施

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「大同生命サーベイ」2021年度年間レポートを公表

生保

ライフネット生命、第16回定時株主総会出席者アンケートの集計結果を開示