新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

ニッセイ・ウェルス生命、『ニッセイ・ウェルスステップアップ年金〈外貨建〉』に選択できる指数として「NASDAQ-100(R)」を追加

ニッセイ・ウェルス生命は、野村證券株式会社を通じて販売されてきた『ニッセイ・ウェルスステップアップ年金〈外貨建〉』*1(以下「同商品」)に、2022年6月1日より契約時に選択できる指数として「NASDAQ-100(R)」を追加した。
同商品は、マーケットにおける指数の動きに応じて毎年計算される「たのしみファンド」*2によって、積立金をふやすことができる保険料一時払の外貨建個人年金保険である。契約時に選択した指数*3が前年より上昇すると「たのしみファンド」*2が加算されて積立金が増加するが、今回、選択できる指数に「NASDAQ-100(R)」が新たに追加となった。指数が下落しても指定通貨建で積立金が減ることはなく、ふえた「たのしみファンド」*2はいつでも引き出すことができる。また、据置期間満了後は、年金受取のほか、一時金での受取りや終身保険に移行することもできるため、お客さまのライフスタイルやニーズに合わせて、活用できる。
*1 正式名称:指数連動型年金特約付指定通貨建個人年金保険
*2 基本給付金額にステップ率*4を乗じた金額をいう。
*3 契約時に「日経平均株価」「S&P500(R)」「NASDAQ-100(R)」の3種類から選択する。
*4 指数の上昇率に連動率*5を乗じた値をいう。
*5 指数の上昇を「たのしみファンド」に反映させる割合をいい、毎年変動する。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、住まいの防災・減災情報の提供開始

損保

損保ジャパン、洋上風力発電所リスク評価モデルを刷新、保険引受の高度化に活用

生保

住友生命、不妊治療と仕事の両立を支援するWhodo整場(フウドセイバー)のオンラインセミナーを七十七銀行に提供

損保

あいおいニッセイ同和損保、東北大学および仙台放送が開発した企業向け運転技能向上トレーニングアプリ「BTOC」の提供を開始

損保

共栄火災、【業界初】国内旅行総合保険の救援者費用等補償特約の補償内容を拡大

損保

東京海上日動、【業界初】こどもの将来に向けた教育継続を支援する「教育継続支援特約」の販売開始

損保

損保ジャパン、戦略子会社少額短期保険「Mysurance」の累計契約件数が100万件突破

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】個人向け傷害保険にAI身体機能分析「Care Wizトルトforme」を付帯

生保

アフラック生命、がん保険の累計支払金額が9兆円を突破

生保

チューリッヒ生命、低解約払戻金型終身保険「終身保険プラチナ」を発売

関連商品