シンニチ保険WEB

ニッセイ・ウェルス生命、『エムステップ』に選択できる指数として「NASDAQ-100(R)」を追加

ニッセイ・ウェルス生命は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社を通じて販売されてきた『エムステップ』*1(以下「同商品」)に、2022年6月1日より契約時に選択できる指数として「NASDAQ-100(R)」を追加した。
同商品は、マーケットにおける指数の動きに応じて毎年計算される「たのしみファンド」*2によって、積立金をふやすことができる保険料一時払の外貨建個人年金保険である。契約時に選択した指数*3が前年より上昇すると「たのしみファンド」*2が加算されて積立金が増加するが、今回、選択できる指数に「NASDAQ-100(R)」が新たに追加となった。指数が下落しても指定通貨建で積立金が減ることはなく、ふえた「たのしみファンド」*2はいつでも引き出すことができる。また、据置期間満了後は、年金受取のほか、一時金での受取りや終身保険に移行することもできるため、お客さまのライフスタイルやニーズに合わせて、活用できる。
*1 正式名称:指数連動型年金特約付指定通貨建個人年金保険
*2 基本給付金額にステップ率*4を乗じた金額をいう。
*3 契約時に「日経平均株価」「S&P500(R)」「NASDAQ-100(R)」の3種類から選択する。
*4 指数の上昇率に連動率*5を乗じた値をいう。
*5 指数の上昇を「たのしみファンド」に反映させる割合をいい、毎年変動する。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

カーディフ生命、団体信用生命保険の保険金・給付金請求手続きのSMS通知サービスを開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、横浜銀行を通じ、『つみたてねんきん2(外貨建)』を販売開始

損保

東京海上日動、「地震に備えるEQuick保険 Amazonギフト券対応版」の販売開始

生保

PGF生命、十六銀行で「米国ドル建終身保険(保険料円払込型)」を販売開始

生保

第一生命、ミレニアル世代向け「デジホ」の新商品を第一スマート少額短期保険より提供開始

損保

東京海上日動、糖尿病治療支援保険を開発

生保

アフラック生命、「生きる」を創るがん保険WINGSを発売

生保

ソニー生命、「変額個人年金保険(無告知型)22(無配当)」および「一時払変額個人年金保険(無告知型)22(無配当)」を発売

損保

損保ジャパン、「PayPayほけん」ミニアプリ「コロナお見舞い金」販売停止

損保

東京海上日動、中小企業向けハラスメント再発防止費用を補償する特約を新設