シンニチ保険WEB

三井住友海上プライマリー生命命、「お客さま第一の業務運営に関する方針」に基づく2021年度の取組み概況を公開

三井住友海上プライマリー生命は、「お客さま第一の業務運営に関する方針」(以下、「本方針」という)に基づく2021年度の取組み概況を取りまとめた。
2021年度は、多様化するお客さまニーズに応える商品ラインアップの充実を図ったほか、わかりやすい募集資料・帳票の作成、お客さま利便性向上のための各種施策、代理店と協働したお客さまへのアフターフォロー、募集人に対するオンライン研修等を積極的に推進した。
これらの具体的な取組みについて、より多くのお客さまにわかりやすく伝える観点で本資料を作成し、取組みを客観的に評価する成果指標(KPI)とともに公表する。
同社は、MS&ADインシュアランスグループが掲げる「経営理念(ミッション)」、「経営ビジョン」、「行動指針(バリュー)」のもと、一人ひとりのお客さまの声を真摯に受けとめ、本方針に基づく取組みの一層の充実に引き続き努めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

マニュライフ生命、業務改善計画を策定

損保

明治安田損保、「お客さま志向の業務運営方針」の取組状況(2021年度)

損保

損保ジャパン、「お客さま本位の業務運営方針」の改定と「お客さまの声白書2022」の発行

生保

三井住友海上プライマリー生命、生存保障重視型平準払個人年金保険(利率変動型)『あしたも充実』を改定

生保

太陽生命、「太陽の元気プロジェクト」2021年度の取組みを公開

損保

三井ダイレクト損保、ブランドコンセプトを刷新~「強くてやさしい」企業になることを宣言

損保

東京海上日動、中小機構による「事業継続力強化計画の策定支援」事業の受託

生保

大同生命、2025大阪・関西万博に向けて、商都・大坂の魅力を発信

生保

三井住友海上あいおい生命、三井住友海上プライマリー生命、米国FDAの医療機器承認技術を応用したAI認知機能測定「OptiMind」の実証実験を開始

生保

第一生命、JR「関内」駅前に「横浜市旧市庁舎街区活用事業」を着工