シンニチ保険WEB

生保各社(カーディフ生命、チューリッヒ生命、楽天生命)、2021年度決算を発表

カーディフ生命、チューリッヒ生命、楽天生命は、2021年度(2021年4月1日~2022年3月31日)の業績を発表した。
■カーディフ生命
・契約の状況
主力商品である団体信用生命保険が堅調に推移したことで団体保険の保有契約高は当期も引き続き増加し、前年度末比2.4%増の23兆4,153億円となった。
・収支の状況
保険料等収入は保有契約高の増加に伴い、前年同期比3.7%増の665億円となった。
基礎利益は支払保険金等の増加により同11.4%減の178億円、当期純利益は契約者配当準備金繰入額の減少により同28.5%増の33億円となった。
健全性の状況
・ソルベンシー・マージン比率は749.2%となり、引き続き十分な水準を維持している。
■チューリッヒ生命
【業績ハイライト】
●契約の状況※1
新契約件数  56,609件(2021年度)  36.5%(前年度比)
新契約年換算保険料  2,469百万円(2021年度)  44.1%(前年度比)
●保有契約の状況※1
保有契約件数  1,258,631件(2021年度)  100.0%(前年度比)
保有契約年換算保険料  48,098百万円(2021年度)  99.9%(前年度比)
●収支の状況
保険料収入  52,736百万円(2021年度)  103.1%(前年度比)
当期純利益(△純損失)  △1,034百万円(2021年度)  -(前年度比)
●財務の状況
総資産  134,007百万円(2021年度)  -※2(前年度比)
純資産  13,594百万円(2021年度)  207.8%(前年度比)
※1 新契約及び保有契約は、個人保険と個人年金保険の合計。
※2 日本法人化にあわせて新しい会計方針を一部選択したため、総資産の対前年度末比は記載してない。
●ソルベンシー・マージンの状況
ソルベンシー・マージン比率  1,029.0%(2021年度)  814.9%(前年度比)
■楽天生命
今期は、生命保険契約の保険商品区分の保険料収入(*1)について、25,319百万円(前期比11.6%増)となった。また、団体信用生命保険の保険料収入は前期比42.1%増と、好調に推移した。
新商品については、2021年8月より「楽天生命認知症保険」の販売を開始した。また、同商品の契約者への付帯サービスとして、楽天シニア「健康スマートプラン」の提供を始めている。
営業面では、対面チャネルにおいて代理店数の拡大を図るとともに、代理店が利用するタブレット端末をより使いやすいデバイスに入れ替え、募集の生産性を向上させた。また、代理店向け研修体制の更なる充実のため、代理店トレーニング部門の強化を図った。
ブランド認知については、プロ野球スタジアムの命名権取得(東北楽天ゴールデンイーグルス本拠地「楽天生命パーク宮城」)を引き続き実施した。また、2021年12月には、公式ウェブサイトのトップページ及び商品一覧ページをリニューアルし、お客さまが自身にあった保険を選びやすくなるようにした。
オペレーションについては、サービスの利便性や質の向上を目的として、2021年7月より、ウェブによる給付金請求の手続きで楽天ポイントの進呈を開始した。また、契約者と家族が契約内容を共有することができる制度として、2021年8月より、家族登録制度の取扱を始めた。さらに、申込手続きのスピードアップと業務効率化を目的として、2022年1月より、保険申込者の健康状態から将来の入院リスクをAIで予測し、保険引受査定を自動化するシステムを稼働させている。
<主要業績〉
保険料収入:医療保険、定期保険、終身保険といった主力商品の販売や、団体信用生命保険などの保有契約の増加により、保険料収入全体では33,087百万円(前期比5.0%増)となった。
経常利益/当期純利益:経常利益は1,918百万円、当期純利益は1,338百万円となった。
また、会社法会計とは別に、経営管理の指標としているIFRS(国際財務報告基準)においては、当期純利益(税引前)7,347百万円となった(前期比16.3%増)。
ソルベンシー・マージン比率:1500.6%となり、引き続き充分な健全性を維持している。
(*1)共済商品区分を除く

関連記事(保険業界ニュース)

生保

カーディフ生命、INSURANCE ASIA AWARDS 2022を受賞

生保

チューリッヒ生命、羽根田卓也選手・髙木菜那氏がメンタルウェルビーイング促進を目的としたセミナーを開催

生保

T&Dホールディングス、海外関連会社における評価性損失等の計上

協会・団体損保

損保協会、令和3年度損保決算概況を発表

生保

クレディ・アグリコル生命、「2021年度決算のお知らせ」における一部を訂正

生保

チューリッヒ生命、病気やケガで10日間以上働けなくなった人への実態調査

生保

第一生命、2021年度決算を一部修正

生保

FWD生命、2021年度決算概要を発表

生保

マニュライフ生命、2021年度決算を発表

損保

トーア再保険、2022年3月期の業績を発表