シンニチ保険WEB

フコクしんらい生命、Withコロナでの「認知症予防セミナー」2年ぶりに奈良県天理市で開催

フコクしんらい生命は、5月14日(土)に天理市、大和信用金庫、株式会社公文教育研究会(以下「KUMON」)と奈良県天理市において「認知症予防セミナー~脳の健康を保ち、イキイキ生活する秘訣~」を開催した。
本セミナーは、2018年10月よりKUMONと同社の主要代理店である信用金庫とともに開催してきたが、新型コロナウイルス感染症の影響により2020年3月より約2年間、開催を一時休止していた。
今般のセミナーは、認知症予防に自治体としていち早く取り組まれている天理市と、地域のみなさまに親身に寄り添われている大和信用金庫と共催し、感染予防対策を講じたウィズコロナでの開催となった。
少しずつでも元の生活に回帰しようとする道のりであるウィズコロナ。同社は、今後も自治体・信用金庫をはじめとしたステークホルダーとの「共創」をベースに、認知症の啓発活動を再開させ、より良い社会の実現に取り組んでいく。
今後のセミナー開催の様子については、同社ホームページの「お知らせ」にて公開していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

メットライフ生命、金融機関として初めて兵庫高校でSTEAM教育の出前授業

損保

日本生命、「ニッセイ名作シリーズ2023」について、劇団四季を迎え新たな演目の取組みを実施

生保

ジブラルタ生命、リユースパソコン寄贈に向けた申込受付を開始

生保

アフラック生命、<アフラックのしっかり頼れる介護保険>の販売を通じた寄付を実施

共済生損

日本生協連、生協グループの福祉事業発展・強化を図り「一般社団法人全国コープ福祉事業連帯機構」を設立

生保

メットライフ生命、活水高校でライフプランニング講義を実施

生保

生保協会、2022年度セイホスカラーシップ奨学生8名を決定

生保

生保文化センター、2022年度生命保険に関する研究助成制度助成者を決定

損保

トーア再保険、日本ユニセフ協会へ外国コイン・紙幣を寄付

損保

トーア再保険、使用済み切手を寄付