シンニチ保険WEB

東京海上日動あんしん生命、2022年3月末市場整合的エンベディッド・バリューを開示

東京海上日動あんしん生命は、東京海上グループの国内生命保険事業の企業価値評価のひとつとして、European Insurance CFO Forum Market Consistent Embedded ValuePrinciples(C)(以下「MCEV原則」)に準拠した2022年3月末の市場整合的エンベディッド・バリュー(以下「MCEV」)を開示した。
当年度末(2022年3月末)のMCEVは、1兆2,100億円で、その内訳は、純資産価値が5,421億円、保有契約価値が6,679億円となった。また、新契約価値は694億円となった。
当年度末のMCEVは、主に新契約価値により、前年度末(2021年3月末)対比で327億円増加した。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、「一般社団法人炭素会計アドバイザー協会」を設立

生保その他

日本郵政グループ、企業行動基準「JP行動宣言」を策定

生保

太陽生命、流山営業所を開設

生保

明治安田生命、オイロパ社(ポーランドの保険会社)の株式を追加取得

損保

MS&ADホールディングス、三井ダイレクト損保の100%子会社化を発表

生保

ジブラルタ生命、機構改革および人事異動を発表

生保

東京海上日動あんしん生命、医療保険『メディカルKitエール』等の新特約を発売

生保

大樹生命、持続可能な社会の実現に向けた取組みを発表

生保

東京海上日動あんしん生命、「遺児への教育支援」2023年度支援対象者募集を開始

生保

第一生命ホールディングス、自己株式の取得状況を公表