新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

東京海上日動あんしん生命、2022年3月末市場整合的エンベディッド・バリューを開示

東京海上日動あんしん生命は、東京海上グループの国内生命保険事業の企業価値評価のひとつとして、European Insurance CFO Forum Market Consistent Embedded ValuePrinciples(C)(以下「MCEV原則」)に準拠した2022年3月末の市場整合的エンベディッド・バリュー(以下「MCEV」)を開示した。
当年度末(2022年3月末)のMCEVは、1兆2,100億円で、その内訳は、純資産価値が5,421億円、保有契約価値が6,679億円となった。また、新契約価値は694億円となった。
当年度末のMCEVは、主に新契約価値により、前年度末(2021年3月末)対比で327億円増加した。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

T&Dホールディングス、<設立20周年記念事業>グループ従業員を対象とした「株式付与ESOP信託」を導入

生保

第一生命ホールディングス、剰余金の配当を実施

生保

ライフネット生命、近藤良祐氏がライフネットみらい社の新社長に

生保

ライフネット生命、独立社外取締役を過半数とし、モニタリング・ボードとしての機能強化へ経営体制を変更

生保

こくみん共済coop〈全労済〉、名古屋市発行「名古屋市SDGs債」を取得

生保

SOMPOひまわり生命、地域限定転勤制度を創設

損保

東京海上ホールディングス、自己株式の取得状況および取得を終了

生保

第一生命ホールディングス、自己株式を取得

生保

住友生命、株式会社商船三井向けトランジション・リンク・ローンへ参加

生保

エヌエヌ生命、「マルチステークホルダー方針」を公表

関連商品