新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

日本生命、「習い事とリスキリング」に関するアンケートを実施

日本生命は、「ずっともっとサービス」のサンクスマイルメニューの一つとして、ホームページ内の「ご契約者さま専用サービス」にて、「習い事とリスキリング」に関するアンケートを実施した。
≪アンケート概要≫
■実施期間:2022年4月1日(金)~4月9日(土)
■実施方法:インターネットアンケート(「ずっともっとサービス」のサンクスマイルメニュー)
■回答者数:9,748名(男性:4,955名、女性:4,569名、性別回答なし:224名)
《アンケート結果のポイント》
・習い事①(種類・頻度等)
○お子様が「習い事をしている」との回答が68.9%
○男女ともに「学習塾」「水泳」が1位・2位。親世代との比較では、男女ともに「英会話」が5位以内にランクインする一方、「そろばん」や「書道」の順位が後退
○頻度は、「週1回」が36.3%と最も多く、小学生と高校生では「週4回以上」の割合が他の年代に比べて高い
・習い事②(費用)
○習い事の費用(1カ月あたり)の平均は16,970円。「5千円以上1万円未満」が最多で、年代が上がるにつれて増加傾向
○9割以上は「昨年より増えた」または「昨年と同程度以上」と回答(「昨年より増えた」は約3割)
○増えた理由は、「子どもがやりたいと言ったため」および「受験対策」が上位
・リスキリング
○76.6%がリスキリングは「必要」と回答
○「必要」と回答した方のうち、67.4%が「(リスキリングに)取り組めていない」と回答。取り組めていない理由は、「取り組む時間がない」が46.6%で最多
○取り組んでいる方のうち、68.3%が「デジタルスキル」の習得を行っていると回答○リスキリングにかける費用(1カ月あたり)の平均は8,422円

関連記事(保険業界ニュース)

生保

マニュライフ生命「アジア・ケア・サーベイ2024」を発表~日本の生活者、将来のファイナンシャル・ウェルビーイング実現への期待度がアジアで最下位、退職後に向けた積極的な準備が必要

生保

エヌエヌ生命、家業経営者の父親とその子どもに関する調査品を発表

生保

日本生命、「日本生命トランジション・ファイナンス実践要領」を策定

生保

日本生命、「父の日」に関するアンケート調査を実施

生保

日本生命、「ニッセイ名作シリーズ 2024」公演開始

生保

日本生命、確定拠出年金受託加入者等数100万名突破

生保

日本生命、株式会社ニチイホールディングスの株式取得完了

生保

「営業職員チャネルのコンプライアンス・リスク管理態勢の更なる高度化にかかる着眼点」を踏まえた同社取組状況を発表

生保

アクサ生命、世界16の国と地域で実施、アクサのマインドヘルス調査「心の健康」日本は最下位

生保

日本生命、「ニッセイ・アルムナイネットワーク」が発足

関連商品