シンニチ保険WEB

生険協会、生命保険会社の資産運用を通じた「株式市場の活性化」と「持続可能な社会の実現」に向けた取組み

生険協会は、株主・投資家の立場から、企業価値向上に向けた取組みとして、株式市場活性化と持続可能な社会の実現を企図した2021年の活動内容等につき、企業(上場企業1200社)および投資家(生命保険会社等の機関投資家202社)に対してアンケートを実施した。今般、当該アンケートに基づき、提言をとりまとめた報告書を作成した。なお、本取組みは、1974年度より48年間に亘り毎年実施している。
◆2021年度の報告書のポイント
1.新型コロナウイルス感染症の拡大の影響
・約6割の企業がESG取組みの重要性が増したと回答
・「ビジネスモデルの転換」を選択した企業は約2割に留まる一方、投資家は約4割と今後重視する取組みに企業・投資家の間で認識のギャップが存在
2.カーボンニュートラルの実現に向けて
・企業・投資家ともに、自社における「2050年カーボンニュートラル」の達成可能性が「高い」とした割合は1割以下に留まる
3.株主還元拡大
・約8割の投資家は、株主還元・配当水準に対して十分に満足しておらず、コロナ禍前後で投資家のスタンスに変化は見られず
https://www.seiho.or.jp/info/news/2022/pdf/20220415_4-all.pdf

関連記事(保険業界ニュース)

損保

アクサ損保、第2回子育て世帯ドライバーの安全運転とリスク認知に関する意識調査

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「資金繰りと今後の業績」

生保

チューリッヒ生命、病気やケガで10日間以上働けなくなった人への実態調査

生保

日本生命、インターネットアンケート「父の日」について

生保

エヌエヌ生命、全国の中小企業経営者夫婦と子どもの「父の日」意識調査を実施

生保

PGF生命、「2022年の還暦人(かんれきびと)に関する調査」を実施

生保

ライフネット生命、契約者の評価をウェブサイトで公開

生保

SOMPOひまわり生命、5/31は「世界禁煙デー」喫煙する同居家族への感情を調査

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「大同生命サーベイ」2022年4月度調査レポートの公表

生保

エヌエヌ生命、中小企業経営者の息子・娘を対象にした事業承継に関する調査