シンニチ保険WEB

エヌエヌ生命、【業種別】全国の中小企業における“ゼロゼロ融資”の利用状況に関する調査

エヌエヌ生命は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響による資金需要と、一般的に”ゼロゼロ融資”と呼ばれる『実質無利子・無担保融資制度』での融資利用状況について中小企業経営の実態を把握するため、2月上旬に全国の中小企業経営者※7,231名を対象とする調査をおこなった。
なお、本プレスリリースは2022年3月15日発表と同じ調査を業種ごとに集計・分析したものである。
※本調査では、従業員300人未満の規模の「会社経営者(社長、会長、取締役)」、または「従業員のいる自営業者」を中小企業経営者と定義している。
<調査結果まとめ>
1.新型コロナウイルス感染症による影響で会社の資金需要が「発生した」のは39.1%。業種別では「旅行関連業(宿泊・旅行代理店)」(63.9%)と「飲食店」(60.8%)の回答率が高い
2.コロナ禍以前の2020年1月と今年2022年1月を比較して売上が「減った」のは52.8%。業種別では「飲食店」(79.5%)の回答率が最も高く、変化した売上割合もワースト2位でコロナ禍以前の約6割(58.5%)
3.『実質無利子・無担保融資制度』を「利用した」のは23.1%で、業種別では「製造業」(35.1%)が最多。融資を受けた金額は「運送・輸送業」(平均4,071万円)が最も高く、全体(平均1,987万円)の2倍以上
4.『実質無利子・無担保融資制度』の用途は、「人件費や家賃など固定費の支払い」(48.0%)や「売上補填」(43.8%)。業種別では、どちらの用途も「飲食店」の回答率が最も高い

関連記事(保険業界ニュース)

損保

アクサ損保、第2回子育て世帯ドライバーの安全運転とリスク認知に関する意識調査

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「資金繰りと今後の業績」

生保

チューリッヒ生命、病気やケガで10日間以上働けなくなった人への実態調査

生保

日本生命、インターネットアンケート「父の日」について

生保

エヌエヌ生命、全国の中小企業経営者夫婦と子どもの「父の日」意識調査を実施

生保

PGF生命、「2022年の還暦人(かんれきびと)に関する調査」を実施

生保

ライフネット生命、契約者の評価をウェブサイトで公開

生保

SOMPOひまわり生命、5/31は「世界禁煙デー」喫煙する同居家族への感情を調査

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「大同生命サーベイ」2022年4月度調査レポートの公表

生保

エヌエヌ生命、中小企業経営者の息子・娘を対象にした事業承継に関する調査