新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

JA共済連、『農作業事故体験VR』において、新たに2つのコンテンツを開発

JA共済連と農研機構は、農作業事故を当事者の視点から疑似体験する体験学習型プログラム『農作業事故体験VR』において、新たに「脚立 転落編」、「農用運搬機 転倒・積み降ろし作業編」の2つのコンテンツを共同で開発し、本年4月から提供を開始する。
農作業事故は年間約7万件発生していると推測され、特に死亡事故の発生割合については、建設業の約3倍、全産業の10倍以上と高く、社会的な課題となっている。
JA共済連では、農作業事故の未然防止に貢献するため、過去の共済金支払データを活用して農作業事故の発生傾向を分析し、農業をめぐる事情や農業機械の構造・操作等に詳しい農研機構監修の下、「乗用型トラクター転倒編」など発生頻度の高い事故場面を再現した5つのVRコンテンツを開発。令和2年4月から『農作業事故体験VR』として全国展開し、農作業安全研修会、農業祭や農機具展示会等のイベントで活用されている。
このコロナ禍においても、『農作業事故体験VR』は農業関係諸団体を中心に着実に利用されており、体験者アンケートでは「自分の目線で体験ができ、ためになった」、「ちょっとした不注意が事故になることを理解した」など、9割以上の方から高い評価を頂いている。
そこで、農作業事故未然防止の取組みを更に強化するため、新たなコンテンツとして、「脚立転落編」、「農用運搬機転倒・積み降ろし作業編」を追加することとした。
脚立は、果樹の収穫や樹木のせん定などの高所作業等で日常的に使われますが、正しい使用方法が徹底されず、農業用具における事故件数の約4割を占めている。また、農用運搬機は、移動中の機体の転落・横転が目立ち、既にVRコンテンツとしている乗用型トラクターや耕うん機とともに死亡事故件数が多い状況である。
今回開発した2つのコンテンツは、シナリオ作成からVR動画の撮影・制作など全ての工程をJA共済連と農研機構が共同して行い、体験者が共感できるよう事故発生シーンのリアリティを追求し、具体的に原因と対策を解説している。
JA共済連と農研機構は、お互いが有する知見を活かして開発した本コンテンツの活用を通じて、農作業事故を1件でも多く減らし、持続可能な農業に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保共済

JA共済連、インパクトコンソーシアムに参画

損保共済

JA共済連、令和6年能登半島地震での建物更生共済の支払件数85,505件、支払共済金1,036.8億円に

損保共済

JA共済連、令和6年能登半島地震で建物更生共済共済金を66,072件、718.1億円支払い

損保共済

JA共済連、6月に自動車共済の仕組改訂等を実施

生損共済

JA共済、ブランドTV-CM『絆が、前へ進む力になる』篇を制作

生損共済

JA共済連、「令和6年度のJA共済事業計画」を決定

共済

JA共済連、組合員へ自然災害リスクを伝えるライフアドバイザーの姿を描く新TV-CM「建物更生共済『学びを伝える』」篇を放映

損保

JA共済連、令和6年能登半島地震にかかる共済金支払状況等を発表

生損共済

JA共済連、未就学児・小学校低学年向け『つうがくろあんぜんMAP』を作成

共済

JA共済連、クライメート・トランジション利付国債へ投資