シンニチ保険WEB

プルデンシャル生命、「営業学」の寄付講座をリニューアル

プルデンシャル生命は、2015年度から複数の大学で開設していた「営業学」の寄付講座について、2022年度にプログラム内容をリニューアルすることとした。今年度は早稲田大、中央大、慶應義塾大、明治大の4大学で開設する。
本講座のテーマは「営業を科学する」である。同社の現役ライフプランナー(営業社員)や支社長などの営業管理職、執行役員などが講師となり、自らのセールス経験に基づいた実践的な講義を行う。営業に必要なスキルや意思決定のメカニズム、セールスプロセスといった基本的なノウハウに加え、今年度は新たに「オンラインセールス」や「AI時代におけるセールスパーソンの役割」など、現在の社会環境をふまえた内容の講義も実施し、営業職の醍醐味や心構え、人間的成長といった面についても体系的に講義する予定である。
同社はこれからも将来の日本を担う人材育成の支援を通じて、社会に貢献していく。
■リニューアルの背景
近年のSNSの普及やAI活用の広まり、また新型コロナウイルス感染拡大に伴う「新しい生活様式」が定着する中で、セールスパーソンを取り巻く環境はこれまでになく大きく変化した。学生の興味関心も高いことから、約1年をかけて環境変化に応じたプログラムに進化させ、学生に「営業の今」を伝えるようにした。
■リニューアルのポイント
・コロナ禍によりネットショッピングの利用者も増える中、営業職という「人」が介在することに、どのような意義価値があるのかを伝えるプログラムとなっている。
・営業が売るのは「問題の解決策」である。お客さまの役に立つために、単にスキルノウハウだけでなく、契約後のアフターフォローや顧客体験(CX)の重要性についても講義を行う。
・コロナ禍において、いち早くオンラインセールスを取り入れた同社のライフプランナーが、その有用性や対面セールスとの違いなどについて講義する。
・営業活動におけるAIとセールスパーソンの役割について、専門家による講義を行う。

関連記事(保険業界ニュース)

共済

こくみん共済coop〈全労済〉、「2022年こくみん共済coop地域貢献助成」を募集

損保協会・団体

損保協会、軽消防自動車、高規格救急自動車を全国に19台を寄贈

生保

フコクしんらい生命、会津信用金庫と2021年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

生保

富国生命、「すまいる・ぎゃらりー」を開催

生保

明治安田生命、「愛と平和のチャリティーコンサート2022」および三枝 成彰氏による音楽授業「未来を奏でる教室」を開催

生保

富国生命、富山信用金庫との贈呈式を実施

損保

SOMPO環境財団、2022年度環境分野の博士号取得支援「学術研究助成」助成先の決定

損保

大同火災、第104回全国高校野球選手権大会出場校への寄付金贈呈

生保

大同生命、アジア・アフリカの子どもたちに約26万食分の学校給食を寄付

生保

マニュライフ生命、男子プロバレーボールチーム「ヴォレアス北海道」と「ヴォレアス北海道×マニュライフ生命ミニバレーボールキャラバン」を開催