新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上プライマリー生命、通貨選択型特別終身保険『やさしさ、つなぐ2』に新たな機能を追加

三井住友海上プライマリー生命は、『やさしさ、つなぐ2』を改定し、生存給付金の受け取りに関する様々な機能の追加や高額契約に対する積立利率の優遇など、お客さまの多様なニーズに応える新たな取扱いを2022年4月1日に開始する。
『やさしさ、つなぐ2』は、生存給付金の受取人を家族とすることで、お客さまの大切な資産をスムーズにつなぐことができる終身保険である。2016年8月に前身商品となる『やさしさ、つなぐ』を業界に先駆けて販売開始して以来、お客さまの声を基に改定を重ねることで、多くのお客さまのニーズに応え、累計販売額は2兆3,000億円を超え、取扱金融機関は124代理店となっている。
今般、生存給付金の受け取り等に関するお客さまの多様なニーズに応え、新機能の追加や利便性の向上を図っている。「生存給付金を指定した日に速やかに受取りたい」というニーズに対し、従来、生存給付金支払日の翌営業日以降の受取であった生存給付金を、お客さまが指定した日に受け取りできるよう「アニバーサリー機能」が便利になる。また、お客さまの状況や希望に応じて生存給付金の受取りを停止する機能を追加しているほか、生存給付金の繰越機能を拡充している。このほか、高額契約の積立利率の優遇、取扱い範囲の拡充等を実施している。
同社はこれからも、「お客さま第一の業務運営に関する方針」に則り、お客さまの健康寿命や資産寿命の延伸といった社会課題の解決に貢献できる生命保険商品・サービスを提供していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、住まいの防災・減災情報の提供開始

損保

損保ジャパン、洋上風力発電所リスク評価モデルを刷新、保険引受の高度化に活用

生保

住友生命、不妊治療と仕事の両立を支援するWhodo整場(フウドセイバー)のオンラインセミナーを七十七銀行に提供

損保

あいおいニッセイ同和損保、東北大学および仙台放送が開発した企業向け運転技能向上トレーニングアプリ「BTOC」の提供を開始

損保

共栄火災、【業界初】国内旅行総合保険の救援者費用等補償特約の補償内容を拡大

損保

東京海上日動、【業界初】こどもの将来に向けた教育継続を支援する「教育継続支援特約」の販売開始

損保

損保ジャパン、戦略子会社少額短期保険「Mysurance」の累計契約件数が100万件突破

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】個人向け傷害保険にAI身体機能分析「Care Wizトルトforme」を付帯

生保

アフラック生命、がん保険の累計支払金額が9兆円を突破

生保

チューリッヒ生命、低解約払戻金型終身保険「終身保険プラチナ」を発売

関連商品