新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

太陽生命、既契約ブロック出再に係る契約を締結

太陽生命が、その保有する既契約ブロック(個人年金保険契約(据置中、年金支払中契約))を再保険に付する(出再)取引に関する契約を締結した。(この出再取引は、2022年2月14日に発表した出再の方針を受けたものになる。)
1.出再の目的
高い予定利率の個人年金保険契約を出再することにより、お客様に年金等を安定的に支払う財源を確保するとともに、資産運用リスクを削減し、将来の収益および資本効率の向上を図ることを目的としている。
なお、再保険取引は、経済的リスクを移転するものであり、保険契約における同社とお客様との関係に変更が生じるものではない。
2.出再取引の概要
同社は、Fortitude Reinsurance Company,Ltd.(以下「フォーティテュード・リー社」)およびRGA Global Reinsurance Company,LTD.(以下「RGA社」)の2社との間で再保険契約を締結した。なお、フォーティテュード・リー社は、株式会社T&Dホールディングスの持分法適用関連会社で、今回の出再対象負債の約7割を受再する。
出再対象契約:個人年金保険契約(据置中、年金支払中契約)の保有契約の一部
再保険取引方式:共同保険式再保険
引受再保険会社:フォーティテュード・リー社およびRGA社
取引負債規模:約5,800億円(2022年3月末責任準備金見込額)

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上ホールディングス、「資産運用立国」の実現に向けた東京海上グループの取り組みについて

生保

T&Dホールディングス、第20回定時株主総会第2号議案に関する議決権行使助言会社ISS社の反対推奨について見解を発表

生保

太陽生命、森林(もり)、『森林教室』実施

損保

大同火災、一般事業主行動計画(次世代法・女性活躍推進法 一体型)を公表

生保

第一生命ホールディングス、株式会社ベネフィット・ワンの完全子会社化

生保

太陽生命、「渋谷二丁目17地区市街地再開発事業」で複合施設渋谷アクシュを7月8日開業

損保

MS&ADホールディングス、MS&ADベンチャーズのマネージングパートナーが「世界の優れたシード投資家(Seed100)」に選出

損保

東京海上ホールディングス、子会社の役員に対する譲渡制限付株式ユニット(RSU)によるRSU)による事後交付型株式報酬制度の導入

損保

東京海上ホールディングス、政策株式を売却へ

損保

東京海上ホールディングス、自己株式の取得に係る事項を決定

関連商品