シンニチ保険WEB

太陽生命、既契約ブロック出再に係る契約を締結

太陽生命が、その保有する既契約ブロック(個人年金保険契約(据置中、年金支払中契約))を再保険に付する(出再)取引に関する契約を締結した。(この出再取引は、2022年2月14日に発表した出再の方針を受けたものになる。)
1.出再の目的
高い予定利率の個人年金保険契約を出再することにより、お客様に年金等を安定的に支払う財源を確保するとともに、資産運用リスクを削減し、将来の収益および資本効率の向上を図ることを目的としている。
なお、再保険取引は、経済的リスクを移転するものであり、保険契約における同社とお客様との関係に変更が生じるものではない。
2.出再取引の概要
同社は、Fortitude Reinsurance Company,Ltd.(以下「フォーティテュード・リー社」)およびRGA Global Reinsurance Company,LTD.(以下「RGA社」)の2社との間で再保険契約を締結した。なお、フォーティテュード・リー社は、株式会社T&Dホールディングスの持分法適用関連会社で、今回の出再対象負債の約7割を受再する。
出再対象契約:個人年金保険契約(据置中、年金支払中契約)の保有契約の一部
再保険取引方式:共同保険式再保険
引受再保険会社:フォーティテュード・リー社およびRGA社
取引負債規模:約5,800億円(2022年3月末責任準備金見込額)

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、円建劣後ローンによる調達を実施

損保

SOMPOホールディングス、自己株式の取得状況を公表

生保

ライフネット生命、譲渡制限付株式報酬としての新株式の発行の払込を完了

損保

東京海上ホールディングス、自己株式の取得状況を発表

生保

太陽生命、「太陽の元気プロジェクト」2021年度の取組みを公開

生保

太陽生命、中国銀行を通じ、「My年金Best外貨2」の販売を開始

損保

T&Dホールディングス、コーポレートベンチャーキャピタルファンドの設立

損保

SOMPOホールディングス、元スピードスケート日本代表 髙木菜那氏を新アンバサダーに起用

損保

東京海上ホールディングス、株式分割、株式分割に伴う定款の一部変更、配当予想を修正

生保

T&Dホールディングス、太陽生命、太陽生命、独立行政法人国際協力機構(JICA)が発行する「ピースビルディングボンド(平和構築債)」に投資