シンニチ保険WEB

大同生命、中小企業経営者アンケート「大同生命サーベイ」2月度調査レポートを公表

大同生命は、全国の中小企業経営者を対象としたアンケート調査「大同生命サーベイ」を、2015年10月から毎月実施している。
今般、「経営者の労働実態」について調査した2022年2月度レポートを公表した。[調査企業数 8,219社]
◆ポイント
・経営者の「1日の平均労働時間」は、「8時間」(37%)が最も多くなった。
・コロナ禍前と比べ、「経営者の総労働時間が変わった」と回答した企業は全体の30%で、「短くなった」が22%、「長くなった」が8%であった。
・「短くなった」理由として、「売り上げが低下(事業が縮小)したため」が52%と最も多く、次いで「緊急事態宣言等で出勤抑制や勤務時間を短縮する必要があったため」が36%であった。
・一方で「働き方改革(残業削減・在宅勤務の導入等)」は25%に留まっており、経営者の働き方改革は道半ばと考えられる。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

アクサ損保、第2回子育て世帯ドライバーの安全運転とリスク認知に関する意識調査

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「資金繰りと今後の業績」

生保

大同生命、「大同生命サステナビリティ経営支援プログラム」新たな採択企業を決定

生保

チューリッヒ生命、病気やケガで10日間以上働けなくなった人への実態調査

生保

日本生命、インターネットアンケート「父の日」について

生保

大同生命、東大安田講堂で特別講演会「働く世代のがんの早期発見と治療」を開催

生保

エヌエヌ生命、全国の中小企業経営者夫婦と子どもの「父の日」意識調査を実施

生保

PGF生命、「2022年の還暦人(かんれきびと)に関する調査」を実施

生保

ライフネット生命、契約者の評価をウェブサイトで公開

生保

太陽生命と大同生命、都市再生機構が発行する「ソーシャルボンド」へ投資