シンニチ保険WEB

住友生命、「PayPayマネーでの生命保険料支払い」を開始

住友生命は、2022年4月から初回保険料の支払方法にPayPay株式会社(以下、PayPay)が提供するキャッシュレス決済サービス「PayPay」を追加する。本対応により、初回保険料をPayPayマネーで支払えるようになり、さらなるお客さまの利便性向上を実現する。
1.開発背景
デジタル技術によって決済手段が加速度的に多様化しており、スマホ決済が普及するなど、人々の意識が大きく変化している。
これまでは口座振替などが一般的な決済手段だったが、「帰りにコンビニで支払いたい」「外出予定がないので家で支払いたい」といったように、日常の生活導線の中で支払いを希望する人が増加している。
住友生命はPayPayとの取組みによって、ニーズの多様化に柔軟に対応し、保険料支払いの場面でもストレスフリーを実現する。
2.サービス概要
2022年4月から住友生命の「5年つみたて終身保険」の初回保険料の支払いについてPayPayマネーでの決済を開始する。今後、Vitalityなどの主力商品への導入も検討している。
また、PayPayマネーでの保険料決済は「TREEPAYMENT」のサービスを活用して実現する。
<TREEPAYMENTについて>
住友生命の子会社である株式会社シーエスエスと株式会社電算システムが共同開発した、お客さまの希望するタイミング・手段で決済できる新しいサービスプラットフォームである。ワンショット決済(都度決済)や、継続請求(継続決済)の場面で、新しい支払手段・受取手段も取り入れた「対価収納」が可能となるよう、今後も順次サービス拡大を予定している。
住友生命は、今後もお客さまの決済手段の拡大等によるさらなる利便性向上を図り、グループ会社の力を結集し、「人」と「デジタル」の両輪で「一人ひとりのよりよく生きる=ウェルビーイング」実現に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ジブラルタ生命、新サービス「電子通知」を開始

生保

ソニー生命、「保険契約者代理請求人制度に関する特則」「後継年金受取人制度に関する特則」の取扱開始

生保

メットライフ生命、神戸市立高校の家庭科教職員向け金融教育研修を実施

生保

住友生命、野村アセットマネジメントが運用する「グローバル・サステナブル・エクイティ・オープン投信」へ投資

損保

セゾン自動車火災、NTTドコモのドライブレコーダーと連携した事故対応サービスを終了

生保

住友生命、“「Vitality」”パートナー企業に「イオン九州」が加入

生保

住友生命、JICAが発行する「ピースビルディングボンド(平和構築債)」へ投資

生保

大同生命、2025大阪・関西万博に向けて、商都・大坂の魅力を発信

損保

楽天損保、サカイサイクル運営のオンラインショップに自転車保険申込サービスを提供開始

損保

ソニー損保、「24時間365日事故対応サービス」の提供開始