シンニチ保険WEB

富国生命、ワイド・プロテクトを発売

富国生命は、4月1日(金)より、医療保険の新商品「ワイド・プロテクト」(医療保険(有配当/2022))を発売する。
今回発売する「ワイド・プロテクト」では、昨今の医療事情をふまえ、日帰り入院からまとまった金額を支払う一時金方式の給付と、入院が長期化した場合の医療費を確実にカバーする日額方式の給付を組み合わせたハイブリッド型の入院保障を導入した。また、所定の生活習慣病や女性疾病の「投薬治療」を給付対象とすることで、早期受診を促し疾病の進行抑制をサポートする2つの重症化予防特約を新たに開発するなど、早期の治療から重大疾病の療養まで切れ目なくカバーするワイドな保障を提供する。
◆ワイド・プロテクトのポイント
ポイント①「一時金方式+日額方式」によるハイブリッド型の入院保障
日帰り入院からまとまった一時金が受け取れる「入院一時給付金」と、30日を超える長期入院の医療費を確実にカバーする日額方式の「長期入院給付金」を組み合わせたハイブリッド型の入院保障により、短期入院と長期入院の双方のリスクに対する合理的な備えを提供する。
さらに、8大生活習慣病(がん・心疾患・脳血管疾患・糖尿病・高血圧性疾患・腎疾患・肝疾患・膵疾患)による入院については、入院一時給付金の支払回数、長期入院給付金の支払日数ともに無制限で保障する。
ポイント②投薬治療の段階から保障する2つの重症化予防特約
高血圧症・脂質異常症・高血糖症の投薬治療を保障する「生活習慣病重症化予防特約(2022)」と、子宮筋腫・子宮内膜症・子宮腺筋症の投薬治療を保障する「女性疾病重症化予防特約(2022)」を新設する。
入院や手術に至る前の軽症段階から給付金を支払うことで、早期治療のきっかけを提供し、疾病の進行の抑制と生活の質の向上をサポートする。
ポイント③早期治療から重大疾病の療養まで切れ目なくカバーするワイドな保障
がんや重度の生活習慣病を重点的に保障する特約についても、より幅広く充実した保障内容にリニューアルする。
主契約および上記の重症化予防特約等とあわせて、投薬から入院、重大疾病の療養まで一貫して対応できるワイドな医療保障を提供する。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

PGF生命、十六銀行で「米国ドル建終身保険(保険料円払込型)」を販売開始

生保

富国生命、「すまいる・ぎゃらりー」を開催

生保

第一生命、ミレニアル世代向け「デジホ」の新商品を第一スマート少額短期保険より提供開始

損保

東京海上日動、糖尿病治療支援保険を開発

生保

アフラック生命、「生きる」を創るがん保険WINGSを発売

生保

富国生命、富山信用金庫との贈呈式を実施

生保

ソニー生命、「変額個人年金保険(無告知型)22(無配当)」および「一時払変額個人年金保険(無告知型)22(無配当)」を発売

損保

損保ジャパン、「PayPayほけん」ミニアプリ「コロナお見舞い金」販売停止

損保

東京海上日動、中小企業向けハラスメント再発防止費用を補償する特約を新設

生保

東京海上日動あんしん生命、「家族信託組成サポートサービス」の提供開始